2012年7月26日木曜日

猫の侵入被害の特効薬となるか?

イマジン…

猫がのんびりと暮らしている街。
人がのんびりと暮らしている街。

人間が少しばかり寛容になって、適切な医学的処置をすれば、
やがて野良猫は貴重な存在になるほど少なくなると思います。

もしかして、絶滅するかも知れません。

イマジン…

............

今日も「猫の糞が有るのでなんとかしろ!」と半ば怒鳴り込んで来た人がいます。
せっかくの芝生が台無しになるので当然かも知れません。

心の中では
「猫が空から降ってくる訳はない、人間が作り出した状況なんだ」と繰り返します。

その人はきっとこう云いたいんだと思います。
「餌を与えるから増えるんだ!」
「増えるのはしょうがないとしても人に迷惑をかけない様にしろ!」
この二つは常にセットになっていて至極当然な考えの様に聞こえます。

しかし、そうでしょうか?

さて、
写真は猫が近づかない様にする畑にもやさしい物です。
猫に迷惑している人達の特効薬となってくれたら、
私も随分、肩の荷が減ります。

0 件のコメント: