2021年9月18日土曜日

私が外出すると翌日の猫家族のお世話時間が少々変わります。....で?

左のfuが食べているのはジュニアの療法食。monが覗き込んでいますが食べることはありません、珍しいだけのようです。
いつもジュニアが食べる時間がちょとずれるとほとんど食べませんので、もったいないので、誰かに食べてもらうことになりますがfuが食べることが多いですね。
デカイからたくさん食べる?

水を取り替える時間も変わりますので、このように誰かが水を飲む様子を見られることもあります。ゆっくり飲んでもらうようにじっと待ちます。写真、下、ulan。



鳩さん。
冬が来るね、山はどうですか?



大好きなジュニアが遊んでくれないとお母さんのところへ来ます。nini。

2021年9月17日金曜日

ここが落ち着くこともあるんだよネ。

外暮らしから家族になってくれたmogi。
「ふらつき」や「ご飯を食べない」等々...難しい状況です。
毎日投薬のpilikaも同様ですが、ここで気持ちが落ちつくこともあります。
........保護が遅かったか?....重いものが胸の奥から容易に離れません。



そのpilika、今日はどうしたのかこんなところに。(私が見ていないだけで普通のことかも知れませんが....)

お母さんのnonは心配そうに見守っています。


札幌のhanaさん、コーヒー、ありがとうございます。
心配の絶えない猫家族たちですがなんとか頑張っています。
コーヒーの美味しい季節、気軽に会える時代がまた来るように願っています。


札幌のAさん、ご支援、ありがとうございました。

2021年9月16日木曜日

親子。

左、息子のpilika、右がお母さんのnon。

こういう状態、最近は増えました。
息子のpilikaが毎日投薬状態なので心配なのかなあ...と想像しています。


ふらつきがあって、なんとも難しい状況です。時間をかけて付き合って、糸口を見出す以外に無いようです。mogi。



朝晩、寒くなりました。
ウィルスも立ち去る様子がありません。
みなさん、ご油断なさいませぬよう!

2021年9月15日水曜日

ついにここまで!

ついにここまで冬の季節が接近してきましたね!
暖房器具の試験運転です。
試験とはいえ、今日から一階は夜、暖房します。



北方ジャーナル10月号、ぜひ読んでください。
小樽の動物を保健所がどのように考え、いかにして市長の命令を無視し続けたか?
ウィルスと人類の戦いが続く現在、動物のことは忘れられがちでした。
でも、
やれることはあります。
賛否はともかく、
みなさんに現状と過去を理解いただき、今後の小樽のクオリティアップをあらためて考えていただければ嬉しく存じます。

ピリカもよろしく!って言ってます。



小樽のYさん、Mさん、ご支援、ありがとうございました。
頑張って生き延びますよ〜〜〜!

2021年9月14日火曜日

催促されました!

はずきに催促されました!
催促されたのは?.....おやつ!
パウチを一つ、食べていただきました。



ジュニア(左)が水を飲むと、niniも飲みます。



最近は「家事手伝い」に励んでいます。
気づかなかったところに「キレイ」がたくさんありますね。

2021年9月12日日曜日

mogi(もぎ)近況。

自力でご飯はまだ食べれていませんが、プッシュは受け入れてくれています。トイレ(大小)、少し良いと思います。
あとは水分の確保ですが、ある程度ご飯を食べると水は余り受け付けません。課題です。
もっと信頼してもらって水も沢山飲めるように寄り添います。



お薬ご飯、pilikaは欠かせません。
でも、最近はnon母さんがしっかりと子育て?をしていますので気軽にpilikaに近づけません。
今朝もニラマレました。



「?」

こうなってます。hanaちゃん。



九月で蒸し暑い。こんな日はここが人気。



ウィルスと戦いながら、台風にも油断しない。

冬の準備も待ったなし。

体力勝負になる!