2017年4月20日木曜日

なんだか?みんな。静か???

空模様の変化が激しい、
お日様があまり出ないのはしょうがないけど、
温度、湿度が微妙に変化するスピードが速く、対策が追いつかない。







いつもはびっくり顔でチョコマカ動いているmonもどことなく、神妙な表情。

やっと外に出る(人間のお父さん)外に出られなくなったら、そういう恐怖が常にある。この気候はその恐怖を大きく深くするようだ。もちろん、自然のリズムだけのせいでは無い、自己の中に、何かが眠っていて、時々、目をさますようだ。誰のせいでもなく、知っている限りでは、カガクでも解けない謎だ。だから、人間は面白い、とも、言えるのだが。

船の色ってしっかり見ると面白いよ…。きっと、なにか、意味があるんだ。

2017年4月18日火曜日

人間のお母さんが頑張って…

人間のお母さんが頑張って…
カラスさんには申し訳ないけど、
去勢手術を頑張って外で頑張る猫たちのご飯を取られないように工夫。
昨日の工夫はダメだったようです。


今日はこんな風に落ち着いたようです。
私も寝ます…

2017年4月17日月曜日

倒れたまんまでいられない…

無理矢理、一段、坂を登って、港を見た。


逆光?とにかく写った港はいつもと変わっていなかった、停泊中の船が自分にとっては珍しい形に思えた。 歩いても10分くらいの港が、随分と遠くに見える。これは少し、フチョーの証拠だ。「コンチキショー!俺!!」
という雰囲気。

庭の日陰に残った雪、それにしてもお日様はすごい、音も立てずに消し去る。あの絶望的な雪の山を。
○印はおなじみの?のレスキューハウス。このほかに、一番最初に作ったでかいのがある。どれも、どうやら、冬を越せた。ありがたい。手直しをしなければならない箇所が相当ある、でかいのを一つにして、中を区切る作戦も考えている。さて、「俺」どうなることやら。

ポストを固定していた紐が飾りのようになっていて、気に入ったので写した。

ガラスの向こうはそれほど暖かく無い。 写真はnonちゃん。

でかいの二人、午前中はここで寝るように、話し合ったらしい?

ご近所に置かせていただいた、レスキューハウス。この状況でもカラスが食べに来る。カラスさんに罪は無いけど、トラブルは避けたい、補修した写真は明日公開予定(チョッと大げさ…か)

modoのこの表情、ぜひ!見ていただきたい。個性、あるでしょ!



倒れたまんまでいられない。
以下は岩崎航・著「点滴ポール 生き抜くという旗印」からお借りしました。


しなければならない
 その「何か」を
 穏やかに覚らせる
「時間」という
教師

倒れました…

車、壊れそう、
レスキューハウスも補修しなきゃ!
ついでに…
私、昨日、倒れて寝て、ブログ書きませんでした。
でも、
春は庭に来ていました。





猫はなんとか元気です。
今日はブログに写真をたくさん載せます。見てください、よろしくお願いいたします。

2017年4月16日日曜日

チョッと良い日…

「あられ」がしばらくぶりに現れたと思ったら、「ボム」(去勢手術後、外で頑張ってもらっています)と遭遇!
でも、
お互いに距離を保って、何事もなかった。
よかった、今後はわからないけど、今日はチョッと良かった。

この場所、実はこんな風な場所です。庭の向こう、お隣の庭の端っこ。

この部屋にピリカはいます。でも、一緒に写ることは滅多にありません。
孤独を愛して?毛布の中にいます。赤ちゃんのまんまです。

momoです、辛抱しているように見えるのはだいぶ薄らいできました。

momoが立派?なのは、同室のデッカいエルくんに対応する時です。事前にしっかりと距離を作って、うまく、トラブルを避けます。ありがたく、見習うべきところです。写真は緊張?のデッカいエルくん。

久しぶりに抱っこしたkilala、撮影は相変わらず、難しいです。

そばにいてくれるのは本当に嬉しい、modo。
でもなあ…私にとって、この時、結構複雑なこと、していたんだよね。でも、今日はチョッと良い日だ。知り合いが赤ちゃんの誕生を知らせてくれた、チョッと良い日だ。夫婦二人で、泣いちゃったなあ。写真はmodoのおしっぽさん。

今日も、見ていただきましょう!デッカい二人のあの姿。

今日は、チョッとじゃ無く、すごく良い日だったノダ!。