2011年5月7日土曜日

k君保護する。

今日の夕方,k君を保護しました。月曜日まで,風除室と玄関で辛抱してもらって、月曜日、病院の予定です。地域猫の宿命,ケガでぼろぼろ,今日はあいにくの雨。夜,いつもは玄関で一休みするはずが今日は着ていませんでした。人間のお母さんの胸騒ぎ。案の定お向かいさんの木陰でぐったり。もしや!大丈夫でした。一度は自分のテリトリーに戻ろうとしたのですが力つきたのかまたもやお向かいさんの草むらに。人間のお母さんがそばに行って話しかけても反応は少なく,威嚇する様子もありません。こうなればタオルでつかんで…、そうはいきません、道路に向かってヨロヨロと歩き出しました。私は我が家の方向に向かうように回り込みました。もうろうとした状態でも我が家の玄関を思い出してくれたのか入ってくれました。早速ソロリと玄関の鍵をかけ裏から入ろうと裏のドアへ手をかけると「およ〜!」出る時に表からでたので裏をロックしていたのです。こうなればベランダのガラスを割って(そう云えば割れていて板でガッチリと釘付けしている!!!)しょうがありません。表の玄関をそっと開けました,逃げ出す力も残っていなかったんですね,人間だけが入ることが出来ました。

長くなり過ぎました,詳しくは後ほど…。

kの猫生をがなんとか長く無事でありますように祈っています。

以前見かけた時の写真が何処かに有るはずですが,探しあぐねています。
必ずや元気な姿を見て頂けると思いますので,しばらくお待ちください。

皆さんのところの猫さん達は元気ですか?
それではまた!

2011年5月5日木曜日

imm

北東のまど,めいの見晴し台,?いつもと様子が???


手前がm、向こうがめい,mにとっては「家の全部」がmの世界。
とりあえずこうなって…
もう少しでめいが家中を闊歩出来る…はず?


私と猫ジャラ中。
慣れていませんので,
めいは「私は誰にも見えませんよ〜〜」となっています。
もう少しだね…。


mがめいの部屋に入って
人間のお母さんをとられないように専有している間,
iは「どっしよっかな?」という状態。
「大丈夫だよi、お前が一声ミョーッと鳴くと家中がどっと駆けつけるのは今でもこれからも変わらないよ。」

iは思った通りに育ってくれました。
イヨッ!「最強のノーテンキ」