2011年5月10日火曜日

k君の診断結果

k君の診断結果。
エイズのキャリアでした。
ドクターの意見では外に戻すのは如何なものか?ということでした。
人間のお母さんは
k君が雨の中でうずくまっている姿を見て既に同様のことを考えていました。

「窮屈で冒険の出来ないことになりますが我が家でなんとか猫生を全うさせます」
これが私達の結論です。

以下、何かの参考になれば嬉しく思います。

傷の外科的な処置と投薬(12日間)
かなり大きな傷で筋肉に達していました,
化膿もひどく半ばカサブタになっていた部分を大きく取り除くところを見ました。

耳ダニの処置、今月末に再度検査。

腸内に虫は無し。

白血病は陰性。

右の犬歯が折れている。

片方の目の表面が白くなるが処置の対象とならず。

我が家の三ニャンのうち女子が二ニャンですが、どちらも避妊処置をしていますので、
今の体力と将来的回復の可能性を考えたときk君に去勢手術をする事は妥当性が無いとのドクターの提案,そのように致しました,k君は他の可能な注射をする事だけで帰った来ました。
猫は女子が「春」を発しない限り男子は「春」を主張しないとの事です。

現在は我が家の二階,南東の六畳間のドアに簡単な鍵を付けて隔離中。
窓に作った見晴し台でウトウトしています。

先生のお話ですと性格は温厚。

私達が部屋に入っても、あまり動じません。
小さく「フーッ」と威嚇、あまり近寄るなよなあ〜〜ッて感じです。

写真は明日アップの予定ですが無理をしません
,彼の猫生の中の大きな事件の中で当惑しているに違いありません。

明日からは忙しくなります,
皆さん!色々な事を教えて下さい。よろしくお願いします。

3 件のコメント:

hana さんのコメント...

そうですか~k君はエイズキャリアでしたか。温厚な猫さんでも生きるために戦わなくてはならないんです 厳しい世界です。いたたまれない気持ちになりますね。
家のままにゃんも保護前ですが、首に近い背中に筋肉に達してるほどの傷がありました。
遠めからでもわかるほどの酷い傷です。
そんな傷をしててもお日様に向かい日向ぼっこしてるんです。泣けたなぁ~
ままにゃんと一緒に暮らしてわかりましたが、見かけによらず平和的な幼い性格の子です。外の冒険は出来ないけど、我が家で満足そうにみえます。穏やかな顔です。
k君 monjuさんのところにいけて良かったと思ってます。
片方の目の表面が白くなるって どういうことなのですか 処置の対象とならずとは?教えて下さい。ままにゃんも右目が空かなくなる時がしばしばあるので気になってます。
k君は何歳くらいなのですか? 
身体休めて早く元気になるといいですね。

しめじ さんのコメント...

いろいろと問題を抱えて大変だと思います。
今は、Kくんの怪我が早く完治しますように!
そして幸せな猫生を送れますように
祈ってます

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん、しめじさん、コメントありがとうございます。
ドクターに教えて頂いた事の中に「出来るだけシンプルに考えましょう」と云うことがありました。
「考えすぎずに行きましょう!」と理解しています。実際のところ,責任と云うか,プレッシャーは感じますが習うより慣れろで「ナントカ カントカ」…で行きましょう!です。
眼の治療の件ですが、「生まれつき」「年齢(この場合は実年齢より実質的な年齢、歳の割には苦労が多い?かな)」ようは「眼病」では無いと理解しています。31日前後にワクチンを接種に行きますのでもう一度聴いてみます。先生は一生懸命に説明して下さるのですがこちらが慌てていたり,緊張していますので充分に理解していないことも有ります。本当にいろんな方に面倒をかけています,ありがとうございます。写真は今日,掲載できると思います。