2011年5月22日日曜日

4ニャンズそこそこ快調?

まずは,k君の写真五枚。
見えるかなあ〜?見晴し台のサークルの中にいます。


サークルから出たk


カラスを威嚇するk


ミルクを飲むk


眠っているk…みんなも寝ている時間…。


一階はまだオッカナイ、めい。


ノンビリしているように見えますが,
実は心の中はきっと穏やかでありません。
特にiの場合、
動物といえば、
mと私とカニさんだけの猫生だった訳で…
最近,一人(一猫)でいる時間が目立ちます。
でも、
ダイジョウブ…。

6 件のコメント:

hana さんのコメント...

こんにちは。
寒い日が多かったので久しぶりに少し暖かい今日はニャンズも伸びて寝ています。
mさんもi君も相変わらず仲良しですね。
めいちゃん こじんまりして可愛いですね お顔から緊張感が伝わってきます。
kさん元気そう よかった・・。
寝顔みて嬉しくなりました。いっぱい食べて寝て免疫高めて欲しいです。

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん,いつも見てもらってありがとう。午前三時から六時位まで,ちょっと寒いかなあ?kのところは電気ストーブを付けます。今日から明日にかけては大丈夫のようで、一安心です。風邪は大敵!
mは「めい」ちゃんとしっくり入っていないんですよ〜〜。何かの拍子にパンチが出ます,一緒にした私達の責任なので切ない事ですがなんとかなると思っています。iはガンバッテいますよ!mと離れる時間も増えて、「めい」が動くとすかさず追跡!おっと!という場面も少なくありません。でも、根があっさりしているのか,凄いことには今のところなっていません。ありがたいです。
kは私の差し出したご飯や栄養補助のスープを食べてくれます。嬉しいんですよ,これがまた!!
我が家で一番人間との距離が短いかな?まだあまり動きが無いので少し心配です,月末のワクチンが無事に済んだらもっと接触時間を増やします,今はユックリしたい様に感じます。

hana さんのコメント...

こんばんは。
我が家でも猫パンチ炸裂なちっち。
一番後から家族になったままにゃんへのパンチです。保護直前までままにゃんの側を離れなかったママっ子が今では母ままにゃんにパンチです。ままにゃんは今のところ上手く交わしてるように感じてます。見かけとは違いとても 優しいおっとり幼いままにゃん。この子が子供を死なせることなく私のもとに2匹も連れて来たなんて不思議なくらいです。外猫暮らしをしてた頃のままにゃん 怖くて捕まえるのに何日もかかったなんて嘘のようなんですよ。
あれ・・私何を書こうとしてたのかしら。
猫パンチは、あまり心配しなくてもいいかなって思います。
kさんですが ワクチンはドクターの希望ですか? 

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん、こんばんわ。猫パンチは心配ない、と思っていてもめいが一番小さくてmとiに何とかなじもうと努力しているのでこっちが勝手に切なくなっているんですね。
いじらしいくらいなんです。
エムも会いも「だめなことは一切無し」で生活してきて、それなりに怖い思いもして、やっとここまできたので複雑な思いです。
ワクチン
おそらく、最初の処置のときに体力的に一度に打てなかったので分けたのでは?と思っています。それとも、別な注射をしたのでワクチンを打てなかったのかな?
とりあえず、信頼しているドクターの指示ということで行ってきます。
また、報告しますね
hanaさんのところ、ワクチンは?

hana さんのコメント...

こんにちは。今日は雨/曇り模様ですね
ワクチンですがままにゃん以外は接種してますが今年からは2年に一度の接種にするかしないかを考えているとです。
ままにゃんは、エイズキャリアです。この子には、強い薬インターフェロンとかステロイド系の薬・注射・抗生物質・虫下しの薬オレンジ色シロップこれらの薬は逆効果と思うところがあるのと、強い薬と病院へ行くストレスで発症させる可能性も大きいと思ってるからです。エイズは免疫が弱くなってしまう病気です。免疫を低下させなければ長生きもできます。
私と同じようなにゃん子と暮らしてる沢山の人の経験談などから ドクター目線でないところでみて一緒に過していこうと思ってます

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん、コメントありがとうございます。
kは無事に帰ってきました,ご心配ありがとうございました。
kの受けた注射の内容を書いておきます,参考になれば良いのですが。
猫カリシウィルス感染症
猫ウィルス性鼻気管炎
猫汎白血球減少症
猫白血病ウィルス

kに限らず、今までの経験から云える事は「人間の都合で生まれた猫」についての「定番」は確立されていない、ということです。

皆さんの経験とドクターの意見を持ち寄って連携して,出来るだけ良い方向に進みたいと願っています。
「こうだったよ」「ああだったよ」と気軽に経験を持ち寄って頂くとありがたく思います。今後とも色々教えて下さい。

kは十年分の休養をしています、元気になると思います。どんどん写真をアップします。

大げさでは無く、「地域猫を考える」ことは人間の近い将来の大きな参考になると最近は確信しています。

皆さん,よろしくお願いします。