2011年5月11日水曜日

k君の写真

k君にはちょっと小さいハウス。
(ここだけの話,顔はけっこうデカイ!)
まっ、体も大きいので顔がはみ出しているというのが正解。
早速クッションをあてることにしました。

今朝から始まった傷治療の薬,柔らかいご飯と一緒に完食。
その後,カリカリご飯,これも今の時点で殆ど食べました,まずは順調。
傷の部分を見せないので治り具合が今少し判りません,部屋の中,主に窓ぎわのケージや見晴し台を移動しています。だから、なんとか動いている。人間のお母さん(これからはカニさんと呼びます、理由は後日)の声で表情が柔らかくなるように見えます。ダイジョウブです。

4 件のコメント:

hana さんのコメント...

k君の顔を見るまではドキドキでした。思ったより元気そうにみえますね。
茶トラさんなんですね。穏やかなお顔です。ごはんいっぱい食べて体力回復できると一安心です。
ダイジョウブですね。

zigzag さんのコメント...

ブログタイトルの写真が4にゃんになりましたね〜
茶トラのkくん、ゴハンが食べられて、そのしっかりした顔つきなら大丈夫ですね。エイズキャリアでも、多頭で一緒に穏やかに暮らしているにゃんこは沢山いますよね。
私の経験では、おんにゃの子がいなくても、去勢してない男子はスプレー行動したり(ニオイがきついです)、何よりとても外に出たがります。でも、手術なしで落ち着いてくれればそれが一番ですよね。
mちゃんiちゃん親子が古株で、メイちゃんもkちゃんも外で猫同士のつき合い方を知っているし、しかも温厚な性格...うまくいく要素が沢山あると思います。
それにしてもkくんは締まりのあるいいお顔で、うちのへなちょこ茶トラ男子にツメの垢をいただきたいほどです。(^^)

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん、コメントありがとうございます。
我が家に来た猫さんの中では一番人との距離が小さい。ご飯を持っていくと「シャーッ」と小さく威嚇しますが食欲に負けてそばに来ます。
見晴台までは少々段がきついのですが何とか登っているようですので傷は良くなっていると思います。
月末にワクチンを接種に行きますが、そのときトリミングもしてもらおうと思っています。
亡くなった「ちび」の最後のとき、せめて、毛ずくろいだけはしてあげたかった。そのことが忘れられません。

kは永く我が家の一員として暮すと思いますので傷のためにもきれいにしてあげたい。

写真、まだまだ増えますよ!乞う
ご期待。

彼の部屋からの夜景はカフェ「49℃?だったかな」より、いいかも…。

cafe-monju さんのコメント...

zigzagさん、コメントありがとうございます。猫との共同生活に王道は無しって云う事を痛感しています。猫の数だけ猫生があって「なんとか かんとか」関わっているだけというのが実情です。k君は今ユックリしています,元気が無いのとは少し違って見えますがどうかなあ…。
コメントの公開が遅れました,この時点で回復していますが,googleさん,ちょっと不調です。メンテナンスかな?これからk君の動画をアップします。ヨロシク!