2021年6月12日土曜日

hanaさんが花を....。

札幌のhanaさん、kizzのために花を持って来てくれました。hanaさん、ご支援ありがとうございます。



次は笑っていただきましょう。
ジュニア。おもちゃで遊ぶタイプ???



猫家族が夜の眠りにつく頃、出てきてこうなります。我が家最古参のi君。このスタイルがホっとさせてくれる。



クリスティ、症状はあまり変わりません。写真は明日かな...。乞うご期待!


我が家のトマト日記。写真だけ〜〜〜!

2021年6月11日金曜日

私たち、自然に任せなさい...。

病気の主たる原因が不明で検査にも耐えられない状況。kizzは他の猫家族と遊ぶことはありませんでした。
でも、
同じ屋根の下、どの部屋もkizzの家に違いありません。自然という大きな世界に旅立つ前に家中をまわりました。

窓から外を眺めている時間が多かったなあ。



もちろん、庭もね。
さっ!庭へ出よう。

ロック、ジャズ、癒しの音、聞こえていたかな?



旅立ちの森

この場所がなぜ今のような状態で存在するのか?
多くの人々に知ってもらいたい。
実態を知ることで悲惨な状況の動物たちがさらに多く救われると思います。


静かなる緑たちの声が聞こえます。
「後は私たち自然に任せなさい。」
「はい!よろしくお願いいたします」



大変な時期にもかかわらず、kizzへのお見舞い、ご支援、ありがとうございました。


入院先から一時帰宅のクリスティ。
この四種類のご飯をローテーションして頑張っています。

2021年6月10日木曜日

クリスティ、一時帰宅。

腎臓の数値がわずかですが改善されたので、
ストレスの軽減を考慮して、一時、帰宅して様子を見ることにしました。
ドクターの説明を聞いてからこの表情を見ると、フッと何かの間違いではないだろうか?と複雑です。


真っ先にお出迎えしたのは無邪気No.1のchipo君。

まずは隣の部屋をじっと見つめるクリスティ。この後、全部の部屋を探検しました。


これが一番の薬かも!クリスティ、ご飯を食べました。(オシッコも二回!)



クリスティはこの運河の街、小樽で生まれました。

2021年6月9日水曜日

大家族ですが....。

みんな...クリスティの帰りを待っています。
大家族ですが....写真はほんの一部です...。順番にkilala、fu、chipo。


運河のカモメさんもね..。

2021年6月8日火曜日

たくさんの....ありがとう.....。

クリスティの命をつないでくれたドクターにありがとう。
対処方針が?の状態でギリギリであることは昨日から変わっていませんが存命です。


クリスティの家族、心配?してくれて、ありがとう。



小樽のYさん、ご支援を、ありがとう。
Yさん、長橋公園で子猫を保護して、家族として迎え入れてくれてありがとう。


小樽のNさん、旅立ったkizzにお花をありがとう。