2015年10月23日金曜日

Agatha Christie (アガサとクリスティ)

ある公的機関から猫を保護させていただきました…。

名前を決めました。
AgathaとChristie (アガサとクリスティ)
少々、事情が有って詳細のお知らせができませんが、
懸命に生きようとがんばっています。

私たち人間の無責任、無関心がこの世に送った命を、
この国は「殺す」事も止む無し、としています。

犬及び猫の引取り
並びに
負傷動物等の収容に関する措置について
平成18年環境省告示第26号
最終改正:平成25年環境省告示第86号
第4
「保管動物の処分は所有者への返還飼養を希望する者への譲渡し及び殺処分とする。」 

「殺処分ゼロ」を目途としながら、
AgathaとChristie (アガサとクリスティ)を見る限り、
国家という判りにくい概念の一部である地方自治体は、
その首長までもが加わり、
「組織的な動物虐待」をしていると考えられます。
上記、
「返還飼養を希望する者への譲渡」に関する努力は、
公務として証明されなければならないもの。
「何もしていない」ばかりか、
「自然死」(餓死、凍死)の促進に
自治体が組織ぐるみ関わった、
「犯罪」と言わざるを得ません

 アガサとクリスティをこのような悲惨な目に遭わせた関係者全てに告げます。
「あなた達にも親が有り子が有り大切な人」が居るでしょう。
その人達、我が子、我が孫、にこの現実が隠し通せると思わない事です。
ここに来て、心より謝罪し、
全ての情報を自ら公開する事を希望します。
「情報公開制度」を利用して、
自ら調べるように最高責任者からお知らせを頂いていますが、
このお知らせ自体、事実を掌握していない証拠。
「動物虐待」という犯罪を公開可能情報として存在させるほど、
関係者は「残虐非道」であったとしても、愚かでは有りません。
自らの地位保全のためあらゆる手段を講じているのは明らかです。
アガサとクリスティには申し訳ないと思いますが、
写真を掲載します。
公的組織ぐるみに「殺されかけた」命の写真です。
アガサ


クリスティ


私も無関心人間の一人でした、
その 私を含め、この現実に無関係な人間は一人も居ません。
社会全体が応分の負担をして、
せめて、「猫を毎日のように殺す」「仕事」を無くしませんか?
一定期間努力すれば、解決する課題です。
心中で想ってみてください、
猫や犬を殺さなくても良い社会を…。そして、
それはほんの少しの思いやりで実現する事を。

0 件のコメント: