2010年12月21日火曜日

めいちゃんを応援して下さい!

オタルで最初にであった「めい」ちゃん。
なんとか保護すべく仲良くなるようにガンバッテいます。

風除室まで来てご飯を食べてくれるまでになりました。
写真をご覧いただいて、迷っている様子が伝わるでしょうか?
人間のお母さんの声と姿は認識してくれたようですが…

足が冷たそうで…
でも、慌てずに…
ご飯をしっかり食べてくれるだけでも…




始めは「めい」の為に作ったレスキューボックス、今は足跡が3〜4種類。
もしかして、タヌキさんも??
写真は私達が「ボブ」と名付けた猫。
堂々とした外猫、私達に見られても一定の距離は保つもののたじろぐ事はありません。「めい」を威嚇しないと良いのですが、そこは外のルールが在るでしょうから人間が勝手に立ち入ることはできません。


「めい」は体も小さく、気が弱そうです。この松の木の下が通路であり食事の場にもなります。カラスやトンビ、仲間の大きな猫等、「めい」にとって、この冬は試練の時です。一日でも早く我が家に保護したいのですが、今のところもう少し時間がかかりそうです。動画は食事風景、人間のお母さんが傍で「大丈夫、大丈夫」と声をかけると回りを気にしながらもなんとか食べてくれました。

video

4 件のコメント:

hana さんのコメント...

monjuさん、めいちゃん可愛いですね。
奥ゆかしい感じです
小樽もずいぶん雪が降りましたね。
札幌より多く感じます。
めいちゃん早く家族になるといいなぁ~
外はこれからもっと寒くなるし
あんよ 冷たいしょ 体の小さな子は寒さが余計に身にしみると思う 寒がりの猫ちゃんが厳しい冬乗り切るのは本当に辛いことですね。切ない。

mon-ju さんのコメント...

hanaさん、コメントありがとうございます。年末年始は猫の病院もお休み。その辺の事情もありますので、なんとか沢山食べて他の猫と傷つけあわないように願っています。

しめじ さんのコメント...

mon-juさん、メリークリスマス!

雪深い中で、めいちゃん寒そうですね…!
めいちゃんは、結構大きく見えますが、生後何カ月くらいなのですか?
保護しようとされるきっかけは、どんなことだったのでしょうか?
詳しいこと何も存じ上げず申し訳ありません。
入口まで、ごはんをもらいに来ていれば、きっともうひと息ですね!!
一日も早く一緒に暮らせるよう祈っております!!!

mon-ju さんのコメント...

しめじさん、コメントありがとうございます。応援、ありがとうございます。大切にしなければならない「自然」その自然が今、外猫達に「冬」という厳しい条件を突きつけています。出来る事をチョットづつ、今はそう考えて進むことにしています。