2010年10月16日土曜日

mとi、一緒です。

海の方を眺めるmとi。
海が見えるはずの方向、でも、残念ながら見えません。
午前中の秋の陽射しで暖かいのがありがたい。


「凄い」というのがアタリかな?
こういう表情はそれほど多くは無いけど、「外暮らし」で鍛えられたイイ顔だと思っています。まず、ブログ等では見ることが出来ない「凄み」があります。



今のmに触ることが出来るのは世界で私位かも知れません。それは良いことかどうか判りませんがありがたいことだと思っています。生きている物の威厳が「ペット」という言葉を拒否している、そう考えています。


2 件のコメント:

tama さんのコメント...

窓辺の親子、とても立派で、かっこいいです。ウチの小梅も窓からお外を眺めるのが好きみたいです。庭から小梅に手を振ると「みぎゃ」と鳴いたのが分かってほほえましいです(笑)

触らせてくれるって、本当にすごいことですよね。その人を信じ、信用している証拠ですものね。

海からの風が冷たそう。風邪ひかないようご自愛くださいね。

mon-ju さんのコメント...

エヘン!エライのであります!mが…