2015年9月30日水曜日

その後の「ももか」「とゆうき」…

さて、一緒の部屋(我が家の玄関)で暮らし始めたももかとゆうき。
特に問題は無さそうです。
朝夕、すっかり寒くなったこのごろ、
外で暮らす猫たちに追い討ちをかけるような風と雨。
お陽様が出てくれるありがたい日は、
こんな風に外でゆっくりした後、寒くなったら玄関に戻ってくれます。
この小屋は
不妊去勢手術に命をかけて協力してくれた猫達に…
罪の償いのつもりで作りました。
猫に少しでも関心の有る方は北国の冬が猫にとってどういうものか、
ご存知だと思います。
こんな小屋くらいではどうにもならない厳しさ…
今年もその冬がそこまで来ています。
体力の続く限り、がんばります。
一番がんばっているのは
もちろん!猫達ですが…。



世界を変える事は不可能かもしれません…
でも
一匹の猫の世界を変える事は可能です。

2015年9月27日日曜日

玄関で我慢してください…

不妊去勢手術に協力してくれた、ももか。
ここは彼女の専用ルームでした、
でも、今度、ゆうきも入る事になりました。
うまく行けばの話しですが…。
家の中が見えるようにしていますが、それはそれで切ないときも有ります。
外に出られる自由は有りますが、
その自由が猫たちの天寿の全うにつながるかは大きな疑問です。
冬、食べ物、水が無ければ、三日と生きていけないでしょう。




ご飯を与えるだけで、後は一切責任を持たない。
これは大きな罪だと思います。
要は
猫のことを真剣に「考えない」ことが全ての原因です。
考えれば、何ができるか?何ができないか?何をしてはいけないか?
判るはずです。

現実的には「保護して」「手術して」「後の面倒を見る」 これは容易なでは有りません。
でも、できます、力を合わせれば、必ずできます。 これ以上、
死ぬ為に生まれてくるような命を増やさないように、
勇気を出して実行してください。
殺すより、生かす為の行動を。