2014年9月19日金曜日

しんご君の冬

しんご君。
今は元気そうに静かに暮らしていますが、
この冬は彼にとって厳しいものになりそうです。

写真に写っている庭の大きなレスキューハウスと、
こじんまりした、ハウスを行き来しながら暮らしています。

地域猫としてガンバってもらおうと、
去勢手術は済みましたが、
家猫にするための精密検査はしていません。
健康面での心配は残りますが、
そこを乗り越えて、
迎えてくれる家族が見つかることを願っています。

後ろ足の傷は抗生物質の投与で、
一時、持ち直しましたが、
天候のせいも有るのか、また、少々傷が見えます。
また、
今日から抗生物質を投与しています。
お腹の虫は
駆虫剤でなんとか乗り切りました。
外暮らしではしかたの無いことですが、
万全であることに越したことは有りません。
(全てのニャンズにできる訳では有りませんが…)

ウンチの色も今朝はずいぶん良くなりました。
自然界のものを食べるのでなんと云えませんが、
このまま一定のウンチになることを願っています。
.............
このブログをご覧頂いている皆さん、
 しんごのこと、
 地域猫のこと、
 やがてくる冬のこと…
ぜひ!
一緒に考えてみてください。
..............
 写真はレスキューハウスの壁の階段での一枚。



0 件のコメント: