2013年11月30日土曜日

気づけば?15ニャンズ…

このブログを昔からご覧の方には久々の登場です。

お母さんのmちゃんより大きくなったi(右側です、念のため)
今でもmちゃんがいないと調子が悪いです。

先日も口の周りがちょっと炎症を起しました。
その時は新しい仲間の赤ちゃんも大っきいjも家中に自由にさせて相性を実験中でした。
mちゃんはさすがに全てのニャンズに全く動揺しません。
iをまもるには大型犬にも突撃した気性は健在でした。
しかし、
iは部屋から出て来なくなったのです。
今は一時的に部屋を分離、ゆっくりと慣らす方向で進んでいます。
で…
こうして今でもくっ付いています。
その目線の先には?


めいちゃんです。
ジッと一人で辛抱しています。
私達が呼ぶまでそばに来ません。
だから、めいちゃんにはできるだけ多くの時間、接するようにしています。
今は分離している仲間の中から、仲良しができて、遊べるようになるように様子を見ています。


2013年11月28日木曜日

屋根裏部屋はハイカラにキッズルームと呼んでいます…そしてここは?

ここが以前お知らせしました、人気ナンバーワンのスポット、
通称小窓です。


なぜここにこれだけ、実は重さで棚板が折れないか?心配なのですが、
集まるかと云えば…
この部分の真下が玄関でこうなっているんです。


「なすび」という外ニャンズが住み着いています。
もちろん、地域猫として、然るべき医療処置(避妊去勢)はしますが、
タイミングを待っているところです。
捕獲のストレスだけで亡くなる場合も幾例か経験しています。
ストレスだけが原因でないとしても。
保護飼育に未熟な私だけの場合ですが
保護直後の不幸は「私の責任としか」考えようが有りません。
まっ
そういう訳でこの小さな窓は家が古いので階下の暖気が上がって来て、ちょうどいいんです。

...............

これは毎度お馴染みの階段風景。
誰がこうなっているのか????ですが、 お互いに何とかウマくやっているんだなあと私がホッとする場面です。
ありがとう…

2013年11月27日水曜日

エル、落っこちないかな…

エルが何とかキープしているところは
鬼ごっこのとき等に便利?な見晴らしのいいポジションなんですが…
サイズがLなので
完全にはみ出していますね〜〜



やはりバランスをとっていました。
(と云う訳ではないですよね〜)
このやる気の無さが
私を引きつける魅力になっています。
少し以前にはチッサイニャンズを追いかけて、
ちょっと困っていましたが、本人(本ニャン)は全くの遊び。
叱ったことを後悔しています。
しかし、その場面は意外と迫力のある状況でしたのでしょうがない面も有るのですが。
以前にも書きましたが私が抱っこしたくて、 抱っこできた初めてのニャンズでもあります。


2013年11月26日火曜日

mon(モン)

monはチョコマカチョコマカして、
自分より大っきなニャンズと上手に遊びます。
「甘え上手」ってとこかな。

こちらがグーを出すと鼻先をちょんと触らせてくれて、
キョトンとしています。
チッサイのにカメラ前に登場するのはおそらくNo.1!
でも、
イザ、写すとなると難しいんですよね…。
動画?絶対!無理〜〜〜。

1Fのテーブルの下、
警戒心が見えますが、
直ぐにマイペースに戻ります。
この写真、ちょうどその中間位の表情、
monにとってはキチョーかも。






2013年11月25日月曜日

屋根裏部屋はこうなっています。

斜めになっている部分は一階からの階段の天井部分です。
床と同じ材質にしてもらいました。
白っぽいのはホームセンターで売っている普通の木、
打ち付けて段を付けるまでは、
肥満気味のjや足に毛が沢山あるピリカ等は滑るばかりで登れませんでした。
1枚目の写真はまだ、水平部分が有りません、
足場が小さいのに踏ん張っているのは
しずく?かな…
右下に誰やら?向こうの部屋にダッシュしようとしてるのに気づかれましたか?



この写真ではもう水平部分が付いていますので、
あっちこっちで伸びたり縮んだりしています。
珈琲色の大きな窓は
昼間、外から中が見えません。
もちろん、中からは普通に見えます。
二階の人気スポットですが、
最近は反対側の小さな窓の方に人気が集まっています。
その様子も後日、お知らせします。



廃品になるのを頂いて来た座り机の上にいるのは大きいのがj、小さいのはmame。
この机の下にも誰かがいるはずです。
手前はkirara、電気オイルストーブに引っ付いています。
コード類には保護カバーを巻いています。
これでもしっかりかじるニャンズはいますが、
今のところ感電事故は幸いにも有りません。
皆さんも油断されませんように。

2013年11月24日日曜日

この構図は撮ろうと思っても…

新しく入ったニャンズが暮らす二階の部屋。
鬼ごっこでもしている時に私が入っていったので、
「フリーズ」したような感じです。

おっと…
最古参、mちゃんがいるのが判りますか?
左から
しずく、エル、フー、まめ、そしてまめの下のサークルに、mです。

私と目線が合っていないのは、 「ナンニモシテマセンヨ〜〜」と云ってるんですね〜。
それにしても、フーちゃんのおシッポさん、リッパでしょ。


左下の白い金網は、 壁に穴を開けて作った通路です。
今はこうして塞がっていますがお互いに見えるようになっています。
白く見えるのは灯油ストーブ、熱気がこちらへも入ってきます。
これは計算外ですが、助かっています。


..............


昨日のブログで 「このブルーのケージ、 大事件になったんですよ〜〜(もしかして、このブログに書いてないかも知れませんので明日にでも…) 」
こんなふうに書いたんですが
大事件は有ったのですが、ブルーのケージではなくもう一つのホワイトケージの方でした。
内容は
フーちゃんが最上段の隙間に足を挟めてパニック、
それを助けようとして、夫婦が大けがということです(チャンチャン)。
お母さんの傷の写真は有りますがかなり生々しく激しいので公開はストップします。
(デモ…もしかしたら過去に公開しているかも???)
私は何とか通院せずに治りましたが、
お母さんは通院、投薬。
良い経験でした。
野生は隠れているだけで決して無くなってはいません。
自然は想像を絶する時間を経てもその力を失わないのです。
「深く反省」

The fu …その弐(確か?壱があったと…で、弐です)

元々大きい方ですが一段と大きくなりました。

我が家で唯一、ゴージャスと云う表現が合うかも知れません。

 赤ちゃんの頃から全体のイメージはあまり変わっていません、
 我が家に来た頃は体格と風貌で周りのちびっ子を蹴散らしていた印象が有りますが、
この写真でも判るように意外におっとりしていて…

益々、
優雅になってきました。

 数少ない、抱っこできる家族です。



今の部屋割り(15ニャンズですので工夫はしているんですが)では、 fuちゃんには少し狭いかな?
ちょうどイイ遊び相手がいないのが原因か?
大人になって来たのか、最近は穏やかなときが多く思われます。



ターンも後からおシッポさんがついて来る感じ、カッコいいぞ〜〜
親バカはしょうがない…(スミマセン)



このブルーのケージ、
大事件になったんですよ〜〜 (もしかして、このブログに書いてないかも知れませんので明日にでも…)


こちらの写真もぜひ!ご覧下さい。 http://mon-ju.blogspot.jp/2013/01/the-fu.html