2012年9月5日水曜日

「赤ちゃん3にゃん」と「kちゃんの服はなぜ?ボロボロ」

赤ちゃん3にゃん

はなちゃん(キカンボヨワムシ??人間のお母さんが居ないと鳴きま〜す。)

juju(ジュジュ) 目立たない感じだったんですが、どうです!この美形!





mon 最近、肝っ玉の太いことが判りました。



………… この3ニャンがミミの兄弟です。…………



こちら酷暑にすっかりバタンキューのkちゃん。
でも、
涼しいところを見つけるのはさすが…。
(思いっきりゴロンとしているので時々、呼吸を確かめます)



さて、
そのkちゃんの服がなぜ?ボロボロなんでしょうか????
答え!
kちゃんは当然ながら服はキライ!
でも、着ていなければ
傷をなめる
出血
化膿
抗生剤
ステロイド
血糖値が上がる
ほっておくと命が危ない
インスリン注射

この流れが待っているからです。
必ずこうなるという証拠はありませんが、事実として経験しました。
それで、
せめて服をかじりたいのなら、かじらせようと決めました。
できる限りツギをしてやがて用を足さなくなったら
新しくする。
こういう訳で、辛抱のボロボロなんです。



毎日思います。
kはスゴイ!スゴスギるッて…

で、
その服とは無関係なんですが
最近、
なぜか?
kがご飯を食べるとき、mが一緒に食べるようになりました。
(kは免疫不全のキャリアなので一応ご飯と水はフタをしてあり、鳴いて知らせると私がそのフタを開けにいきます)

もうちょっと書きたいけど
続きは明日








0 件のコメント: