2011年7月3日日曜日

i君は虫対策班長、と、mちゃん暑いのに?の二枚

i君がこういう姿勢の場合は…
何かの虫が我が家に侵入したときです。
べつに食べる様子は無いのですが「じーっと」見ています。
たまに、
パンチが出ますので、その手を舐められると温室育ちのiの場合『?』がつきます。
(心配しすぎ…)

DIYのお店でかなりの量の虫対策用品を調達しましたので、
ワラジムシはほとんど見かけなくなりました。
その代り、ムカデもどきやハサミムシらしき物が出ます。
「そうだ!二階の納戸だ」昭和の古民家(中途半端な時代物)なのでやたらに夏は暑く冬は寒い。
納戸には「ハンコで買うバポナ」を設置。
強力でおまっ~~~せ!(なぜか関西風)
隣がkの部屋なのでバポナパワーが影響しては大変です。
冬用の隙間テープでがっちり密閉。
設置後一日でハサミムシが干からびて転がっていました、恐ろしやバポナ大明神。




小樽に来たことのある人のイメージとしては湿気はどうでしょうか?
我が家は海抜100mぐらい(かな?)ですので朝夕は霧状の湿気が辺りを覆います。
でも、昼間はそれなりに暑い今日この頃。
この桑折、冬場は人気があってiとmが団子になることもしばしば。
今日の外の気温は25度ぐらい、mちゃん、そこって涼しいの?
どうやら、最近人間のお母さんが4ニャンズになって忙しいのでいささか不満。
そばにいて様子を見ているというのが真相のようです。(深読みですね…)


0 件のコメント: