2010年11月7日日曜日

初作品

実物はもっとリッパ?デス。
こちら(小樽)に来てからほんの少し落ち着きを取り戻してきたパートナー。mとiの専用ドアを作りました。いつものように家にある物を活用しています。頂いたオーガンジーの生地と羽織の生地で出来ています。今まで付いていたのは単なる生地をカットしたものですが今度はちゃんとキレイに縫っています。

二重にしたのでmもiもちょっと戸惑っているかも知れませんがなんとか…




これは札幌時代から活躍している敷物。東芝製?
引越に使った段ボールと共にmiの見晴し台を飾っています。


5 件のコメント:

しめじ さんのコメント...

わーっ!すてきな色のパッチ!!母も、手芸が趣味でパッチ作っていたことがありますが、手間のかかる仕事ですよね!「東芝」は笑っちゃいます(^○^)
猫ドア作られたんですか?うちも、ドアに穴開けて作りましたよ!
新生活、慣れてこられましたか?
札幌と小樽では、寒さも違うのでしょうね。
風邪などひかれませんよう、お気をつけて!

cafe-monju さんのコメント...

しめじさん、コメントありがとうございます。猫ドアはドアをノコギリでギコギコ、切り口はガムテープでなんとか押さえて出来上がり。既製品はイイ値段しますので、まずはこの辺が分相応かと…。なんとか越冬できるように頑張ります、いつもお気遣いありがとうございます。iの動画、どうですか?カタチはほとんど豹状態で動きがチーター状態。もっと見やすい動画、アップしますので、今後もよろしくお願いします。

hana さんのコメント...

こんにちは。
猫ドア 我が家もつけたいです。
寒いけど、どの部屋も今は少し開けています
これが廊下繋がりで寒いです
ままにゃん親子が家族になってからは
必需品なのですが、まだ猫ドア実現されてません
リビングドアはガラスなのでガラス屋さんに頼めばいいのかとか思案中です。
木製ドアはのこぎりギコギコで私に出来るかしら?

cafe-monju さんのコメント...

hanaさん、コメントありがとうございます。ガラスドアの方は全面ガラスだとプロの仕事になります。(危険も有りますので)もしも、下の方だけがガラスならガラスを外してアクリル板にすると何とかなるのでは?どちらにしても、ガラスが割れると細かい破片の処理等が難しいと思いますのでプロに任せた方が良いと思います。他の部屋の木製ドアと交換してしまうという大技はどうでしょうか?木製ドアの方は見かけを気にしなければ何とかなります。まずは適当な位置に四角を描いて、その四隅に穴をあけて、そこから細長い三角のノコギリで切りとっとしまいます。切り口にトゲが残りますので注意して紙ヤスリをかけてガムテープ等で補修します。後はお好みのカーテンを付けて出来上がり!市販のものが全部透明のアクリル板で出来ているのがヒントですが透けて見える方がイイかなあと思って我が家はこんな風になりました。長くなりました…この辺で。

zigzag さんのコメント...

mちゃん、iちゃんはもちろんですが、いろんな手作り作品を拝見するのも楽しみにしています。パッチワークの敷物、青が効いて素敵です。しかし何故「東芝」??
うちは以前、浴室のドアを新調したときに、猫ドアをつけることにしたのですが、大工さんはあらかじめドアに四角い穴を開けて持って来ました。が、当時のうちの猫を見た大工さん、「あっ!」と声を上げ、ドアを再び玄関の外に持ち出し...、せっかくの穴はふさぎ、その下に二周りほど大きな穴を開けてくれたのでした。ちなみにその猫は、mちゃんたちと同じ毛並みのデカい猫でした。^^