2010年11月2日火曜日

セイザ

mは外暮らしの時はiを守る為、地域の最強の位置を死守していました。そのせいか?左の後ろ足がちょっと…。


iはおシッポさんをこうして足に巻き付けます。
皆さんのところはどうですか?




3 件のコメント:

しめじ さんのコメント...

わ~♡iちゃん、かわいい!!お行儀よくお座りしてるぅー(●^o^●)
しっぽがクルリンっと前足に巻きつけて!!
うるめもみるくも、iちゃんほど、しっぽが長くないので、できません(~_~;)
ココアは、フワフワしっぽでやりますよ!

mちゃん、いろいろ苦労があったのかな…
いまは幸せでよかったね!

hana さんのコメント...

mさん子供を守るために大変な苦労があったと想像されますね。家のままにゃんも野良生活の時には子ニャンを守るために大変だったと思います。私と出会って子ニャン2匹と共に我が家の庭に来てから家族になるまでは戦いの日々だったと思う。
ある時見かけたままにゃんの首近くの皮膚が割れてて肉が見えてるような酷い怪我をしていて心痛めた時がありました。何とか早く病院へと思ったけど逃げられて何日も捕まえるのに苦労しました。だからエイズウィルスに感染したのもわかる
そのままにゃんの必死さを無駄にせず これからのんびりと家で暮らして欲しいと思ってます。というわけで 私は甘すぎる世話人に
なってます

hana さんのコメント...

我が家の4ニャンズもみなお尻尾さんをお行儀良く巻きつけます 同じです。