2015年11月4日水曜日

TNR?




下の写真、

材料の向こう側に見えるのはラベンダーです。
切らなくても冬を越せる植物だと想います。
でも、
雪につぶされるのが可哀想で。
こうして物置の中で香りを放ち、虫達を寄せ付けません。
はたして、切られたラベンダーはどう思っているのかなあ。
判りません。





TNR?
ご存知ですか?
外猫を捕まえて、不妊去勢手術をして、また外へ還す。
その後、地域で見守り、天寿を全うしてもらう。
社会全体の力を必要とする、動物保護の方法です。
難しいです、
「人の心」の問題です、だから、本当に難しいです。
特に北国の場合、寒さも雪も猫達に容赦しません…。

誰かの無責任でこの世に生を受けた命に
不妊去勢手術を強いて、
厳しい外に戻す事が果たして救いになるのか?
この季節になると、
猫達に申し訳ない気持ちがいっそう強くなります。

いつものことですが、
猫と暮らして勉強させられます。
「何ができるか?」よりも「何ができないか?」を…。


どのくらい、助けになるかは判りません。
レスキューハウスを造り続けています。
木製ですが支援者の方から頂いた断熱材を可能な限り使います。
大工は下手ですが、
支援者の皆様からの応援物資が助けてくれます。
ここに入って寒さをしのいで、春まで生きてほしい…。
ごめんなさい猫達…。


断熱材を提供してくれたmさん、決して無駄にしません。
本当にありがとうございました。

2015年11月3日火曜日

yさん、コメントありがとうございます…

yさん、コメントありがとうございます。
事情が有ってコメントは一切公開していません。
メールアドレスをお知らせいただいても私にしか判りませんので、
コメントにメールアドレスを書いていただくか、
ブログ右にある私のアドレス宛に送ってください。
必ず返信するようにしています。
さて、
アガサとクリスティーですが、
なんとかがんばっています。
アガサの写真はこのとき、写せませんでしたが、
クリスティーの写真を掲載します。
傷は自分で舐めるので一進一退です。