2014年6月14日土曜日

「小樽、多頭飼育放棄の猫」

「小樽、多頭飼育放棄の猫」


2014年6月13日、
2匹、
NPO法人ツキネコカフェさんリハビリ保護施設に移動しました。
こんどはどんな名前を付けてもらうかな?
NPO法人ツキネコカフェさん 、本当にありがとうございます。
そして、多くのボランティアさん、ありがとうございます。


こちら、ビッグサイズ!(落ち着かないで息が荒かったので心配。ボランティアさんは「大丈夫、しばらくすると落ち着きますよ」。)


こちら、レギュラーサイズ(でも、こっちのほうが気が強いみたいだ!)

「地域猫活動」


「地域猫活動」
6月12日(木曜日)午前、捕獲器で保護、
不妊手術後外へ還す予定でしたが、
地元小樽で一時預かりさんが名乗りを挙げてくださいました。
急遽、病院に連絡、必要な検査治療をしました。
名前は「パトラ」
健康に大きな問題は無く、
おなかの虫と、耳のダニを駆除できた段階で、
一時預かりさんへ移動します。

「小樽、多頭飼育放棄の猫」

2014年6月6日
「小樽、多頭飼育放棄の猫」2匹、NPO法人ツキネコカフェさんへ移動しました。
これから心身のリハビリ後、里親さんを待ちます。
ツキネコさんに「あいおい」と「にしき」と名前を付けてもらいました。
オス猫です。
写真は車中と病院。小樽から札幌への時間、少し鳴きました。
「大丈夫、みんな優しい人たちのところへ行くからね。病院の先生も看護士さんも優しいよ」
何度も何度も言い聞かせました。
なぜか、目頭が熱くなりました。
NPO法人ツキネコカフェさん 、本当にありがとうございます。

殺処分ゼロ 環境省

殺処分ゼロ

環境省は
2014年6月3日、
犬や猫の殺処分ゼロを目指す行動計画を発表。
保健所への持ち込みや放棄を減らすことの訴求。
モデル事業の推進。

殺処分ゼロは 本腰を入れて考えれば、
いろんな意味で良いことがある。
無関心の人たちにも巡り巡って良いことがある。
業界も全体の方向を少し変えるだけで世界に誇れる仕事を作り出す。

2014年6月11日水曜日

かわらばん四号

かわらばん四号

地域猫活動、適正飼育の瓦版、創りました。
四号です。
町内会長さんには環境省の「殺処分ゼロアクションプログラム」も同封してお渡ししました。
ご近所に配りました。
都通商店街のふれあいプラザのボードにも貼っていただきました。
ありがとうございます。

それぞれの初夏

まずはピリカの夏…

この場所を横から見ると…。


我が家のミドル級fu。 さて、いつ、落下するか…。


一番ちっちゃい、mei。他のニャンズが近寄ると警戒態勢。いつもはもう少し穏やかな目です。

仲良しを二つ。