2013年3月28日木曜日

20匹以上の飼育崩壊!猫が保健所→殺処分 その3

昨日は行政書士のアドバイスを受けながら、
委任状を作成しました。

委任する飼育放棄者から署名捺印をもらいました。

里親探しの受け入れ先は
ボランティアの団体さんに引き受けて頂きました。

飼育放棄現場の猫は3月31日(日曜日)、往診で不妊去勢手術を行う予定です。
この度、お世話になるのは、
チーム・ドクターi(アイ)(勝手に命名、すみません、ドクター)
チーム・ドクターi(アイ)に関する詳細は許可を得てから掲載いたします。

...............

崩壊現場から重傷の傷があったので緊急に脱出させた子猫。
ボランティアさんに名付け親になっていただきました。
「neck」(ネック)男の子です。
ネックは3月30日、体調と傷の具合を見て去勢手術を行う予定です。

痛々しい写真の掲載は、
賛否両論が有ろうかと思いますが、
このブログを見ていただいた方々がより多くの人に
現実を伝えていただき、
動物達のことにあらためて想いを馳せていただことを願い、 あえて、
ここに掲載します。


ボランティアさんのお宅で往診を受ける前の写真です。
抱っこしてドクターの補助をしているのはボランティアさんです。(敬服)



昨日の写真です。 ご飯も食べて、普通にすわれるようになっています。 私が行ったのでちょっと緊張しています。
タオルの下には専用のヒーターが入っていて、暖かいんですよ。

0 件のコメント: