2013年5月12日日曜日

O市の20匹以上の飼育崩壊!猫が保健所→殺処分 その12

5月8日飼育放棄宅からの電話。
「子供を産んだらしい」

母猫の育児放棄も考えて、
ミルクと赤ちゃん用の小さな哺乳瓶を買う。

しかし、
5月10日飼育放棄宅からの電話。「赤ちゃん猫が死んだ」



教訓を活かすことが出来ませんでした。


私達に
やれることが他に無かったのか???
重苦しい後悔の時間が流れました。
このレスキューが始まってから、初めてのことでは有りませんが、
後悔の苦しみから逃れる事は出来ません…。




5月10日お寺さんで送ってもらいました。




名前は「ふき」ふきのとうから「ふき」の二文字をつけました。




ふきちゃん、ごめんね。


空で、 はるちゃん、うめちゃん、さくらちゃん、

そして、つくしちゃん達と一緒に安らかに………。

O市の20匹以上の飼育崩壊!猫が保健所→殺処分その11


5月9日(木)保護団体さんへ赤ちゃん3ニャンズが移動しました。

小さく見えた3ニャンズでしたが,
ドクターの話では、
意外に月数が経っていたようです。

当たり前のようですが、
環境が発育に大きく影響することが痛々しく伝わり、

あらためて状況の悲惨さを思い知らされました。

そして、
この現場以外に 
もっともっと大変な状況の猫達が、

沢山いると云う想いが、さらに、その重みを増しました。

写真は5月2日(木曜日)に写したものです。

お母さんは怒っていますネ〜。ゴメンネ…。



病院で診察を待つ様子です。
キンチョー、してます。

ゴメンネ…。


保護団体さんの部屋です。

ここで、しばらく体調を見ます。

お世話してくれる皆さん、
本当にご苦労をおかけします。

ありがとうございます。