2010年2月20日土曜日

mちゃんは女の子!

mちゃんは「母」である事に一生懸命です。
でも…
やっぱり「女の子」でもあるんです。

最近、やっと「女の子」の一面が見られるようになりました。感謝…



こういう格好、i君はあまりしないなあ…
(人間の考え過ぎかなあ…)
メンコイぞ!mちゃん



眠くなりました…

2010年2月18日木曜日

冬の陽射しにお耳が四つ

お耳さんが四つで私が安心…





i君はmちゃんというお母さんと私という人間のおじいさん(単なる年齢差の表現デスゾ〜)同じく人間のカズさんというおばあさんに育てられています。身体能力は我が家では一番、特にジャンプ力は信じがたい程です。i君が鳴くと人間もmちゃんも一斉に行動を開始します。猫ジャラか?ご飯か?水か?廊下(飾り程度ですが)に出たいのか?カラスが来たのか?とにかく、i君はみんなが一斉に対応する事が「トーゼン」のごとくしっかりと意思表示をします。こうして同じ格好でゴロリとしているときは本当に人間達はホッとします。mちゃんはまだまだ苦労しそうです。

2010年2月17日水曜日

i君に冬のお友達

「アラ?鳥さんの気配?」



「間違い無い、鳥さんだ!」



「先ずは大きさを確かめて…」



「ヨシ!いつもの鳥さんだ!」
(二重窓の外の様子ですがi君は至って真剣です)



mちゃんは下の段から観察したいのですがいつもより厚いクッションがあって困っています。
(この後すぐにi君と同じ通路を通って最接近、流石!mちゃん)

2010年2月15日月曜日

お疲れ気味

mちゃんのこういう格好は珍しい…



mは何処かで気を許していないところが有る。人間、人間に対して、である。しょうがない、あまりにいろんな事が有り過ぎた、人間ならどうにかなっていてもおかしく無い事が。mとiの事を文章にしようと頑張って準備中だがどうしても避ける事の出来ないつらい思い出が登場する。しかし、なんとか書く事で、こうしている姿に胸が熱くなる事をご理解いただけるかもしれません。そして、少しでも、人間が勝手に作った動物達の環境を考え始めてくれる事も期待して止みません。

どうしても気になる?

僅かに揺れる小さなカレンダー…



電話の音は嫌いで鳴ると何処かに隠れてしまうi君ですが、電話器そのものが嫌いな訳では有りません。受話器についているカールコードは以前から注目しているようですし、今回は風に僅かに揺れる小さなカレンダーが目についたようです。マジックインキの匂いも気になるようで、ここは「要注意個所」です。人間が寝てしまえば監視は難しいですが今のところ全く事故は有りません、感謝です。しかし、夜中に燃えている石油ストーブ、これに激突するか乗っかってしまうか?心配はつきません。この愛しき心配の種、mとiと暮らし始めてからの三年余りをまとめてみます、さて、なんとか書けるかな??