2008年1月18日金曜日

気がついていません


i君、気がついていないようですね。
この場所はmちゃんが先にうたた寝をしていましたが、i君が甘えてきたのでmちゃんがどっかへ行ってしまったのです。何度もここで書いていますが今はi君の方が大きいのでmちゃんとしても大変なんですね、i君も頑張って甘えるのを我慢している様子が見受けられますので切ない気持ちになります。i君はのんきなところも十分に有りますので何とかなっています。数分後にはこのイスから自分の寝床へ行ってしまいます。夜の九時頃にまた会いましょう、i君。

ネコバスならぬネコイス登場


巨大な猫、登場。
ネコバスならぬネコイスです。
このネコイスは
風呂敷と肩パッドで出来ています。
さて
mとiはどうする、どうする。

テレビの上は温かい


i君は簡単に登ってしまいますが、
mちゃんはそうはいきません。
テレビの上は温かいんだろうなあ、
何せ、灯油が高いから節約しないとなあ、
しかし、
i君がテレビに登るのは温度のせいだけでは有りません。
ぶら下がっているリュックとハンガーが気になるのです。
とにかく
mちゃんも登れる様に工夫するのが今の課題です。

ピアソラ


好きな音楽にジャンルは特にない。
どちらかと云えばブルース、リズムアンドブルースが多い。
この音、何処かで同じ血が感じられる。
この音、何か引きつけるものが有る。
もう少し聞き込んで
また、ここで感想等をアップします。
この音だけで、カフェが一つできそうな気がする。

2008年1月17日木曜日

中古ギター


2008年初めての撮影です。
中古ギターのクゥエストさん、
エレキが少し少ないようでしたが
いつもながらゆっくりとした空気に包まれて、
楽しい撮影でした。
店内の様子はこちらをクリックしてください、
mon-juのメインサイトのフォトアルバムになっています。

2008年1月16日水曜日

親子で日向ぼっこ


右お母さんのmちゃん。
左男の子i君。
i君の方が体が大きくなって、
最近は簡単には抱っこしてもらえません。
i君今日はうまく抱っこしてもらいました。
親子で日向ぼっこ、
見ている人間もポッカポカ。

2008年1月15日火曜日

i君夢中

「誰にも上げないもん!」
お気に入りのお母さんお手製のボール、
しっかりとつかんでいます。
i君、誰も邪魔しませんよ、
思う存分遊んでください。
「それにしても僕の遊び場、カラフルだなあ」
※黄色は少し不人気です、
フワフワしているクッション感が自然界に無いのかな?
赤ちゃん用の毛布と
ピンクの毛布は落ち着くようです。

このi君の別の表情もご覧ください。
まだまだ、赤ちゃん、甘えん坊、
性格が出ていると思います。


2008年1月14日月曜日

支笏湖の人と自然

北海道新聞、久しぶりにゆっくり読みました。
サミットが開催される洞爺湖の近所、
「支笏湖の人と自然」という本が出版されたそうです。
送料、税込み、五千円、図書館に出るのを待ちます。
株式会社野生生物総合研究所というのが有るんですね、
ネットでチェックしてみました。

アメリカのミネソタ大学で
心臓の再生実験に成功と云う記事、
移植の希望者の道が又少し広がったようだ。
生命の意味も深く深く考えなければならない、
地球の温暖化と同じで、
それほど時間はない。

今日の我家猫。
写真は深夜の定位置に居るmちゃん、
ドーナツ型の座布団がお気に入り、
腰にイイのかな?
私の頭上、二時の方向です。

北海道開拓記念館

道路が
今の様にアスファルトになってしまったのは
いつ頃からだろう。
高校時代まで
通学の往復は色々な発見が有った。
一番ドキドキするのは
お金や財布らしき物が眼に入ったときだが
未だに一度も実際に拾ったことが無い。
「オッ、何か光って円いものが有るぞ!」
ほとんどは瓶の蓋だ、
当時はペットボトルが無かったのだ。
真空管ラジオのスピーカーの後ろに
大きなU字形の磁石が付いていたような気がするが
違ったかな?
とにかくそれは宝物だった、
紐を結びつけて引っ張って
道に落ちている鉄ゴミを集めていた奴もいたが
流石にそれは気が引けてやっていない。
五寸釘なんかは貴重品、
父がどこからかもってきてくれた五寸釘は
いまでも小学生の頃に一人遊びをしていた
堤防の傍のニセアカシアの木に刺さっている、
この歳になって思うのだが
樹には本当にすまないことをしたと思っている。
ゴメンナサイ。
アンモナイトを
自分で石の中から見つける体験が出来るようです。
化石発掘体験が出来る北海道開拓記念館

2008年1月13日日曜日

若者達よ

「書を捨て街へ出よう」
何となく引きつけられる言葉達だ。
だが、
この言葉達は「書」の中に在った。
だから、ちょっと変えてみた。
「書を持って街をウロウロしよう」
そして付け加える、
「何かが道に落ちているかも知れないので
時々は下も見ながらウロウロしよう」
ついでに
若者達よ
成功という報酬を目的に
希望等は持つな
そんな希望は
どん底のときには
消えてなくなっている
命だけしか残っていないときに
静かに寄り添って輝いているのが
「希望」だ。

写真は文とは無関係です。
そうでも、無いかな。
私は
冬でも自転車でウロウロしたい人で、
これは同行する工具です。
パンクはあきらめます、
自転車を降りて歩く覚悟です。
この工具で出来ることは
サドルとブレーキの調整。

アメリカ大統領

08年アメリカ大統領の選挙が始まった。
私の知っているアメリカは
多くのフィルターを通過して届く
極々、限られた情報をイメージした物にすぎないだろう。
イメージの味付けは
テレビ、映画、
そして日本語版のプレーボーイ。
おっと、これは昔の話だな。
幾らかマシなソースとしては、
実写のニュース映像。
だから、
ここで云うアメリカは幻想にすぎないかも知れない。
だが、しかし、
住んでいる昨今の日本が
何がなんだか判らなくなっていることを思えば、
全く論が立たない訳でもあるまい。
そのアメリカが新しい大統領を選ぶ。
過去のスキャンダルを味方にした前大統領夫人が評判だ。
見た目では彼女が一番様子が好い。
見た目である。
だが、
見た目をおろそかにしてはいけない、
我が国の元首では
細川護煕氏が好かった。
他の人に付いては自分で考えてください、
ここで多くは語りませんが、判って頂けると思います。
細川護煕さんは
少なくとも品があった。
説明は他聞に譲るが
国家元首なる物は
「品」だけで十分に勤まる仕事だ。
言い方を変えれば、
「品」は国家のリーダーにとって、
必用、且つ、十分な要素だ。
ついでに書くと
昨今、品格なる言葉で
印税を稼いでいる方がいらっしゃる。
「人格」という言葉もそうだが
どちらも「格」は無い、
有るとすれば「質」か。
「品質」「人質」は「格」よりずーっと大切です。
話を戻す。
アメリカはすごい!
何がすごいかと云えば、
車がデカイ、土地が広い(らしい)
そして「自由」というものが有るらしい。
すごいと云っても
出てくるのはこんな程度の話。
だが、
私は常日頃から
アメリカは人類の実験場だと思っている。
「自由」の意味を
多くの犠牲を払って
世界中に示そうとしている、
いわば「ラボ大陸」。
実験が成功すれば、
平和をも持続させる輝かしい自由、
「パーフェクト自由」がきっと見つかる、
ホワイトハウスはそう思っているのに違いない。
今は違う、
世界はそのようにはなっていない、
アメリカはまだ実験を続けているが
この瞬間、何処かで爆弾が活躍している今が
「ラボ大陸アメリカ」の中間報告だ。
誰もが気付いているはずだ、
賛否両論を認めても、
ゲバラ、キング牧師、ガンジー、
ジョンレノン、マザーテレサ、
その他、名前の知らない千の風になった人達が
何をしようとしたか、
誰もが気付いているはずだ。
今度のアメリカ大統領には
「国の繁栄」「国家の利益」等という
ケチな考え方は捨てて欲しい。
宇宙規模とは云わないが
せめて
地球規模のスケールで考え方を構築して
辛抱強く具現化して欲しい。
多様性の共存を支える哲学を持つことこそ、
今の地球に必用なリーダーの「品質」だ。
小さな誤解と無理解が
地球を宇宙のチリにしてしまう
コントロール不能の兵器群。
そのスイッチを
貴方、アメリカ大統領は
一番多く持つ人になるのだから。

ちょっと一休み


かくれんぼに飽きたi君。
誰も遊んでくれないので、
ちょっと一休み。
この後です、
恒例の大運動会が始まるのは。
さっき、気付きましたが
このブログはすごいかも知れない。
ゆっくり考えながら書いていると、
自動的、定期的に下書きとして保存される。
これって、当たり前かな、
ひょっとして…私だけが知らなかった…かな?

映画

映画アースのオフィシャルサイト。
音楽はベルリンフィル。
予告サイトですが流石です。
こちらは我家という宇宙に暮らす猫達。

i君のかくれんぼ。
今日はmちゃんが付合ってくれています。
とはいっても…
可愛いおシッポさんを
ジッと見ているだけですが。