2008年9月30日火曜日

三笠市の市営住宅の動物達

本年度4月1日に退去命令を受け、永年一緒に暮らしたペットを手放すか、市営住宅を退去するかを迫られた皆さん。どうされて居ますでしょうか?

メディアもあまり取り上げることが無くなって心配しています。

なんとか一緒に暮らすことが出来る様に願っていましたがその後の経過があまり伝わってきません。ご存知の方がいらっしゃいましたらこちらのコメント欄に投稿して頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

お住まいの方も高齢の方が多かった様に思いますが一緒に暮らしていた動物達も高齢だった様です。せめて動物達が寿命を全うするまで一緒に居たいという小さな願いも「公」のルールの前には叶えられなかったのですが、致し方ないことなのでしょうか?

当初からルールを守っていればこういう事態にはならなかったと思えば、動物達には罪はありません、悔やまれるばかりです。

三笠市の職員の方も可能な限り頑張ってくれた様に聞いています、ありがとうございます。

くれぐれも動物と一緒に暮らすということは軽率であってはならないという戒めと受け取っています。

丁度あれから半年になるんだなあと思い、ここに書きました。

0 件のコメント: