2021年11月6日土曜日

tamu はつおい?のだ!

ジュニアがそばにいて攻撃を引き受けてくれています。
なので?強気のtamu。


屋根の工事が終わって静かになったのでみんなノンビリ....。

行動範囲が広がったfu。モフモフも大きさに入れると我が家No.1、直近で見るとハクリョク〜〜〜〜!



今日も冬支度、雨が続くからね〜〜。

このような小屋が使われなくても良い社会になることを願っています。

悲惨な状況の動物たちに配慮しても、充分に社会は成り立つと思います。
誰にでも何かを実行できる、私はそう考えています。

2021年11月5日金曜日

mogiの旅立ち。

私に多くのことを教えてくれたmogi。
旅立ちです。

まずはみんなに....

そして...苦労を重ねた庭...

ドッグエンジェルさんの苦労のおかげで維持運営されている犬管理所。今、出来る限りの事を尽くして手厚く送っていだきました。
左がmogi、右はご近所さんのメリー。



この場所がここまで手入れされて維持されていることを心ある多くの方々に 知っていただき、未来の小樽にしっかりと根付くことを心より願います。


そして、この施設だけではありませんが、
行政が真に社会にとって「意義在る存在」であり続けるために、
あらゆる施設をあらためて市民目線で見直し、市民が誇りを持てる「街づくり」を目指していただきたい。


新しいことにチャレンジする姿勢が無ければ、
行政が社会の中心にこれからも存在し続けることは難しいことも気づいていただきたい。
少なくとも、税金で安定雇用を維持する確固たる理由は希薄になると思います。

優しさがにじみ出ているmogi。

2021年11月4日木曜日

mogiは次の旅に出発しました。

かねてより療養中で皆様の厚いご支援をいただいていました、mogi。
本日早朝、次の旅に出発いたしました。

ご支援いただき、一緒に心配していただいた皆様に心より御礼申し上げます。


彼(mogi)は2018年春に庭に来てくれました。
その後、10月に去勢手術を頑張ってもらい。外で暮らしてくれました。 本年(2021年)8月に体調不良になり、家族になってもらいました。

いつも心に重くのしかかるのは、
もう少し早く家族になっていれば違う状況になっていたかもしれない、ということです。




別件ですが。
小樽に移住してから間もなく、近所で多頭飼育崩壊があり、お手伝いをさせていただきました。
そのうちの数匹がそのお宅で暮らしていましたが、そこのお宅の猫家族も昨夜、旅立ちました。
飼い主さんが体調不良のため、火葬の手続き、搬送など、お手伝いさせていただきます。

この件でも多くの人たちが関わり、協力していただきました。
この場を借りて、御礼申し上げます。



悲惨な状況にある動物たちが天寿を全うできる社会になることを切に願います。


2021年10月31日日曜日

銀色の避難小屋。

先日補強したレスキューハウス、銀色は断熱材、この後、ブルーシート二枚で雨雪をガードします。
ここを利用する猫がいないことを願ってはいますが....さて..???



札幌のhanaさん!見てますか??
魚のスープを飲んでmogiは頑張ってま〜〜〜す!!!



二階組のchipoと一階組のjujuだと思います。
お父さんの食卓が徐々に無くなっていきます....トホホホ...。



今日のトリは???この方、赤ちゃん真っ盛りのtamu〜〜〜〜〜〜!



こちらもどうぞよろしくお願いいたします。



日立市のAさん、遠路よりのご支援、ありがとうございます。 大切に使わさせていただきます。