2020年5月30日土曜日

今日は暑かった....。

灯油のストーブ、もちろん点火していません。
そのそばでfuがノビています。

こちもノビています、mame。ここは割と風の流れがあって涼しいのかも。


デカベイビーchipo。

「エッ赤ちゃんなの?」と思った方、次の写真をどうぞ。


窓のそばに陣取って外の動き(鳥、木々、花々)を眺めているのはクマじゃなくてkilala。出演回数、最多。


i君。

ウィルスは人間だけではなく、動物の命まで脅かしている。
特に人間の無責任が生み出した悲惨な状況の犬や猫たちは救われるチャンスを奪われている。
ウィルスは人類に幾つかの警告を発しているが、
命を売買する人間の心にも、「考え直せ!」と警告しているように思う。
今のところ、ウィルスに対抗する手段は自分以外の命にしっかりと思いやりを持って対処する以外に無い。
動物たちのことも考え直す時期かもしれない。
本気で....。

2020年5月29日金曜日

気温によって大移動!

名前は省きます。
下のおしっぽさんは多分、クリスティ。その他7cast。



momoが動きます。(ちょっと私の声も入っていますのでご注意!)


pilika。最近ちょっと落ち着いたかな?


くまさん(kilala)は良いタイミングで変顔になりますね〜〜〜〜。


i(左息子)m(右母)
ホッとする瞬間。でも、m母さんは思いのを我慢してくれているんですね。
親子だもんね。



お題は「マスク慣れ」
「あれ どこだ 探すマスクは 付けていた」

この「慣れ」がおっかないんですよね、きっと。
治す薬が無いということ、
自分以外の人を巻き込むということ、

だからと言って、
生存できる最低限の保証を行政がしっかりやって、
「非常事態宣言」は治療薬ができるまで続行!
これじゃダメなんだろうね...。

新しい生活スタイルなんて言っているけど、
経済システムを今のままにしていては「無理」
せめて、
セーフティネットの網目を無くして、完全救済を実施できるシステムにならないかなあ。
頑張れば物質的に豊かになれるということにしがみついているということは、
実際には「自由」では無いということじゃ無いかな。

「真面目に働けばなんとか生きていける」
本当にそうですか.....?

2020年5月28日木曜日

抱っこしてほしい!3cats

2ニャンズの時は珍しく無いのですが、今日は?左からゆっちゃん、m、クリスティ。


この中で最後まで頑張るのは?
クリスティ。

仲間と一緒のご飯タイムでうまく食べれません。そこで深夜のおやつ。しっかり食べてくれました。



治療法がまだ見えないウィルス、
みなさん、第二波を迎え撃つ準備はできていますか!
マスク、手洗い、三密を作らない。
これしか武器が無いというのが、なんとも心細い。

2020年5月27日水曜日

支え合い。


この港街には陰ながら猫たちを支えてくださる人が大勢いらっしゃいます。
ご縁があって以来、ずーっと見守ってくださっている小樽のYさん。
遠慮なく頂戴いたします。
ありがとうございます。
無駄にしないよう頑張ります。



はい!登場回数No.1のkilala。
伸びたり.....

縮んだり.....


今日は動きますよ〜〜〜!(私の声が入っていますのでご注意)


動くのはこちらも!
薬入りのご飯、一生懸命食べています。これで今日もちょっと安心。ジュニアです。


クリスティはいつも一緒に寝ていたお母さんが別の部屋の不調猫家族momoに夜中付きっきりになるのでちょっと、怒っていますね。何せ、お母さんは自分の自由になると思っていますので..。家に入ってくれた頃は「クリスティは本当に生きて、抱っこできるのかなあ?」と心配したくらいですから、良しとしますか!



ウィルスの脅威は決して無くなっていません。
薬ができるまで、長い道のりになるでしょう。
働かないと食えないから命をかけて働く。その反面、ごく僅かでしょうが、働かなくともなんとか食べて生き残れる人もいる。
大きな貧富の格差を生んだ「自由経済システム」「資本主義」は今、セーフティネットをもう少し高くする改革ができるのか?

ウィルスはその時間を人類に与えてくれるだろうか?
もし、時間が与えられたとして、その時間を使って、人類は改革ができるだろうか?
一人一人がちょっとづつ変われば、できると思っています。
これからは「思いやりが最強」の時代になる。
私は希望を持ち続けたい。

2020年5月26日火曜日

5112

5112。
これは今日の歩数。
リハビリの散歩は近所をチョコっとだから、
ほとんどが家の中ってことですね。
普段はこれに市場(猫家族のご飯)、リハビリ歩行の長めが二回。
合計で約10,000歩。
かかり付けのドクター曰く、
カレーライスの半分くらいのカロリー消費量。
歩行中に急ぎ足を混ぜると少し効率がよくなるらしい。
ウィルスとの戦いの以前でも外出は限られているし、人と会うこともほとんどありませんでしたが、
「外出はダメヨ!」となると、やはり、ちょっと窮屈ですね。

そんな頃に「緊急事態解除」
これからが本当の勝負かもしれません。


気持ちが落ち着くんです、こういう日常風景。
あられ。

左からnon?pilika、coco?、momo。

mちゃんは少し不機嫌、
お母さんに抱っこしてもらう時間なのに誰か(ゆっちゃん)が先にくっついているんですね。
ゆっちゃんを乗り越えて行くこともあるんですが....考え中。

2020年5月25日月曜日

猫家族、疲れるの巻。

電気工事で壁にドリル、
知らない人が入ってくる。
modoはいつもの居間から和室へ避難。
その他もあらゆる隠れ場所に身をひそめる。
疲れた代表として、
ulan。

水を取り替えにそばを通ったのですが、動じません。
これは疲れと言うより、ulanの性格、おっとりモコモコのなせる技です。

手前はfu、後ろはクリスティ、まだ、ちょっと昼間の緊張が残っているようです。



すっきりしない空模様、ウィルスとの戦いを表しているようですが、雲の向こうには間違いなくお日様がいるんですよね!



ウィルスとの戦い、「緊急事態宣言」が解除されました。
これからが本当の戦いかもしれません。

欲望が作り上げた経済システムはある程度の犠牲を容認するのか?
その経済システムは
「自分だけは死なない」という漠とした安堵を創り上げるのを容易にしてしまった。

人類は試されている。
これからの行動によっては、
「頑張れば物質的に豊かになれる」という、いわば妄想が...
妄想では無くなる。

2020年5月24日日曜日

貴重映像?

お待たせいたしました!動くpilika。

私の声が入っていますので、ご注意。



これから、ジュニアにお薬ご飯です。
その前に隣の部屋に5cats発見!
と、言っても珍しい光景ではないんですけど....。
左から時計回りに、
kilala(?)、ulan、上にmame、ケージの中はmimo、その右ケージの外は?mon?

朝ごはんから5時間は経っていて、あまりたくさん食べなかった猫家族は、そろそろお腹が空く頃、すぐ横の部屋でジュニアのお薬ご飯、いい香りがするので、ちょっと気の毒ではあります。ゴメンネ、でもジュニア、頑張っているから、辛抱してね。


そのジュニア、カリカリご飯もご覧の通り、頑張ってくれています。

お薬ご飯は半分トロトロのいわば、おやつ、この総合食をどれだけ食べてくれるかが今の課題です。

目つきが鋭いのは「もっと美味しいご飯はないのか?」という表情だと思います。



平和と言えばそうかもしれません。
この家の中には課題が満載なのですが、
ウィルスとの戦いが「宇宙戦争」の様を呈してきた今、
この瞬間は平和といえなくもありません。
猫家族に感謝、応援団に感謝、
命と向き合い懸命に戦うすべての人々に感謝。
アリガトウ。