2020年4月25日土曜日

癌と戦っためいちゃん。

2011年1月26日から家族になってくれためいちゃん。
保護当初、
小樽の病院では妊娠中という誤診で。
個室の用意や赤ちゃん対策、人間も相当に慌てました。
いやはやめいちゃんはスタートから個室に入れらたり、苦労かけました。

その後、mとiがお世話になった札幌の病院で無事に検査や避妊手術を済ませて、
あらためて家中生活がスタートしました。

癌との戦いとその終わり.....。

すっかり家族として暮らしていためいちゃん、
2019年1月17日に嘔吐が有り、
仲間の嘔吐とちょっと違う感じだったので様子観察開始。
「やはりちょっと..」で、
同年1月26日に入院、29日に退院。
検査結果は骨が溶けるタイプの癌。
*この骨が溶けるというのは私たちに判りやすく説明するためのドクターの表現で、
正確に骨が溶けるという意味とは少々違うようです。
この時点で、ドクターの推定年齢は12~13歳。

余命宣告は早ければ5ヶ月、それを乗り切っても一年はどうか?
厳しく重い宣告です。
別の猫家族ですがちょっと前に、
「全く予測がつかず、いつ逝っても不思議が無い」という、
診断をいただいたこともありましたが、
一見して普段と同じめいちゃんを見ていると、
ショックは別な感じで、大きく、重く、瞬時に納得できるものではありませんでした。

退院した1月29日から毎日の抗がん剤とステロイドの投与が始まり、
症状の判断と副作用の所見からステロイドを2月9日に中止。

3月3日
抗がん剤が4日間隔になりました。

3月8日
急激に体力が落ちた様子。

3月9日検査
肺に水の兆候、転移では無く再発の可能性。
これは解りづらいことですが、
当初の診断結果の骨に関わる癌は、
転移が始まれば進行が早く別な症状が見られるということで、
この日の検査結果は別な癌が発出している疑いが有る。
ということらしいです。
とにかく一段上のステージになり、
対策を検討しました。

3月10日
ステロイドの投薬を再開しましたが、減っていた食事量がさらに減るようになりました。

3月11日
ステロイド投与の直後に嘔吐、よだれなど異常が見られ、
ドクターに相談の結果、抗がん剤、ステロイド両方の投与を中止。
緩やかな着地を目指しての「看取り」という新たな決断をしなければなりませんでした。

3月14日
ご飯にゼラチン状のサプリを混ぜることにしました。
食べようとする動作は見せますがスタミナがついていかないようで、
お母さんはタイミングとご飯の種類に新たな苦労が始まりました。

3月28日
この頃から食欲が少し戻り、動きも増えたように思えました。

4月〜
上記サプリの他に高栄養の粉末もご飯に入れました。

4月4日
しゃっくりのような症状が出始めました。

4月12日、13日
泡状の嘔吐としゃっくり。

4月14日〜17日
闘病中、暮らしていた二階から一階に降りて、また、二階に戻る動き。

4月18日
嘔吐

4月20日
この頃から、
トイレに間に合わないのか、
トイレの外におしっこをするようになりました。
*食欲が激減。

4月22日
食欲が全く無くなり、ご飯を避けるように動きました。

4月23日(木曜日)19:20
旅立ちました。

概ねの経過です、同様の苦労をされている方々の参考になれば嬉しく思います。

めいちゃん。
誰にも嫌われず、誰も嫌うこと無く、いつも遠慮がちにお母さんのそばにいてくれました。
仲間もめいちゃんを気遣うように暮らしてくれました。

外暮らしの限界。
寒い時、足を交互にあげて必死に耐えていた、めいちゃん。
貴女から多くのことを学び、多くの喜びもいただきました。
最善の親ではなかったかもしれませんが、
学んだことは無駄にしません、
おやすみなさい....めいちゃん、
ありがとう..めいちゃん。



僭越ですが一言。
すべての動物を悲惨な状況から救うことは困難かもしれません。
しかし、
困難と不可能は別なものです。
まずは
心ある多くの人々が己に垣根を作ること無く、
一つになる努力をして、
大きな社会の風となることを切に願う次第です。

行政は私たちが作ったものです、
変えることもできます。
変える私たちが一枚岩になることで
救える命はまだまだ増えると実感しています。








めいちゃんのこと...。

2011年1月26日の深夜、
お母さんが徹夜、
玄関でやっと保護できためいちゃん。

保護にはいろいろな方法がありますが、
あまりの弱さに、
注意深く、神経質にならざるを得ませんでした。

不安と苦しみと希望が入り混じった中での癌治療でしたが、
最善の選択か否かは未だに判りません。
同様のご経験をされている方々の参考になれば幸いと思いますので、
明日にでも経過をお知らせ致します。

本日は思い出の写真と旅立ちの様子を見ていただき、
願わくば、
人間の身勝手で悲惨な状況を強いられ、死ぬために生まれてくるような多くの動物たちに思いを馳せていただければ、
嬉しく存じます。






まずは空に登り.....


仲間の待つ素敵な場所に眠ります。

2020年4月23日木曜日

めいちゃんが旅立ちました。

本日(4月23日木曜日)19:20。
猫家族のめいちゃんが旅立ちました。
お母さんの腕の中で穏やかな様子で....。

ご支援をいただいた方々に厚く御礼申し上げ、
謹んでご報告いたします。

なんとか...

課題はありますが、今はサプリと痛み止め。
ジュニア。
一日二回のご飯タイムでなんとか薬とサプリを頑張ってもらっています。


シャッターチャンスは少なく無いんですが、こんな塩梅です。kilala。
最近、顔がデカクなった気がします。抱っこすると軽いんですけどね〜〜。



用意はしてあるけど、使わないことが一番イイ!



家から出ない!
意外に難しいのかな?
今日も猫のご飯を探しに出たけど、マスク無しで咳している人いたなあ...。
自分はいつどうなってもイイんだという人、これほど多いのかな?
「希望」っていう言葉あるよね、
甘っちょろい、その場しのぎのゴマカシなんかじゃ無いと思うよ、
具体的な行動だけが支えられる重い言葉だと思う。
「何をどのように頑張っているのか?」「何に負けないのか?」
つくづく考える日々です。

2020年4月21日火曜日

笑いは大事だなあ...の巻。

この写真、下になっているのが大先輩。

さらにその大先輩の方が実は大きい。
どちらも難しい健康状態を乗り越えながらの生活ですが、笑わさせてもらいました。
一瞬でも笑いはすごい力がありますよね。
それぐらい、今は誰もが緊張しているってことかな?


この部屋は三人部屋ですよ〜〜〜!
隣はガラ空きなんですけど。
理由は?です。



この眼差しにハートが持っていかれます。
人間のお母さんを本当のお母さんとして暮らしている クリスティ。



あるお店で咳をしながらマスクをしていないご婦人に遭遇しました。
周囲はピクッと反応して一瞬後ずさりしたように見えました。
このご婦人を責めるのは簡単ですが、
問題はそれほど安直では無いようです。
おそらくはマスクがどれほど有り余っても使用しない人は必ず出てくるでしょう。
現に、工事現場は何事も無いようにマスクなしで接近して喋っていますし、その方々は近所のコンビニやドラッグストアーで買い物をしたり、トイレも使うでしょう。
「自分は大丈夫」
これが日本、世界中を壊滅させる大きな原因の一つだと思います。
私は現役時代、ゴミ拾い程度ですが多くの工事現場を体験していますが、
小樽の工事現場ほどヘルメットをしない街は珍しいですね。
今、医療崩壊が始まろうとしている緊急事態、企業として、できるだけ事故を減らしたり、万が一、事故を起こしても難しい状態にしない程度の配慮は無いものでしょうか?
公共事業も時期が必須のものとそうで無いものがありますし、企業側が時期を特定しての契約は工期の必然性にかなりの幅があるはずです。
人の接触を8割減らす努力はもう少し詳細に詰める必要があると思います。
工事へ向かう車の中はマスク無しの3密状態。
彼らは家族の心配が無いのでしょうか?

2020年4月20日月曜日

曇り空でもなんとか元気だよ!

最低限のことだけやっても十分に忙しい。
でも、これって、ありがたいことかもしれません。
今の世界を思えば..。
3catsで残り物を食べてくれました。
みんなと一緒のご飯を食べれない猫家族が居ますので特別食で対応していますが、その残りをおやつにすることがあります。
写真の順番、coco、momo、nonです。

pilikaは先にお薬ご飯を食べています。(いつものように隠れて?います)

こちら食後のノンビリ組、今夜も人間のお母さんの寝る場所は????無い!


mimoとジャンケンしました!
私がパーなのでグーを出したmimoの負けです。???


やはり表情に覇気が無いゆっちゃん。
注意観察は続きます。



どんな嵐でも動じない。
曇り空なんか軽い軽い。
灯台にありがとう!

2020年4月19日日曜日

momoも...。

最古参のm母さんは病院で深爪のカット後、出血があったので、念のため抗生剤の投与。
ゆっちゃんは注意観察、
抗がん剤をやめてサプリなどで頑張るのはmeiちゃん、
昨日点滴などで病院へ行ったジュニアはお薬ご飯必須(かなり困難)。
なんとかお薬ご飯のペースができてきたのはpilika。
そして、momo、
長い間、頻尿トラブルで療法食を頑張っていたのですが、血尿が見受けられるようになったので新たにお薬ご飯の開始。
これがなかなか上手くいきません。


この素敵な港町小樽も日本も世界中、正念場ですね。

かなりの危険が迫っても、人間の脳は「大丈夫」の方向に行くようにできている。
ある学者の見解ですが、
どうやら、大丈夫ではなさそうですので、
しっかりビビって
可能な対策を頑張りましょう!

マスク、本当に足りなくて、
消毒用品も全く無いんですね。
マスクは代用品などの活用でなんとかなるとしても、消毒用品、あるとイイんですけどね。

この状態では必要最低限の外出も難しい....と、いうか、オッカナイ。