2020年4月18日土曜日

ジュニア病院。

想定内ではありますが、
食事が困難になったので点滴、抗生剤、痛み止め。
いつもの風景ですが、無い方が良い風景でもあります。


妙にお日様がありがたい日々ですが、曇り空から小雨になりました。
無事、帰宅。
怒ってますね〜〜〜!


最近のマイブームはmimo(手前)のおとぼけ表情です。(後ろはmame)


曇り空でも海ってイイよね...港は人間臭くて重みがあり、好きだ。


2020年4月17日金曜日

春だけど..。

季節は間違い無く春。


5ニャン、見つけられるかな?

鏡の中も気づいたかな?

pilikaです。
お薬ご飯徐々にペースが決まってきました。
押入れの天袋は閉鎖したのですがお気に入りのサークルは中段に移動。
ここで落ち着いてくれるといいんですが。

今日もこれから大事なお薬ご飯です。

2020年4月16日木曜日

人間のお母さんピンチ!

人間のお母さんがピンチです。

最大の原因はお父さんの不調。
昨年から猫家族の旅立ちが連続したことも大きな要因ですが、犬や猫と暮らしている誰もが経験すること。
自ら乗った船で、下船は簡単にはいきませんし、考えられません。
猫家族は年齢的なこともあり、様々な不調が突如として現れます。
日常的なことになってしまいましたが、
猫家族が嘔吐すると場所によっては洗濯は一日に二度、それも、洗濯機の限界ギリギリの量です。
追い討ちのように迫るウィルスの危険、
できることは少ないのですが、
肝心の食事、睡眠がままなりません。
家の中のものを少なくしなければならない年齢に差し掛かっていますが、一つを始めるとおそらくは数日間、かかるでしょう。
ヤレヤレ.....。

そんな中、今更ながら、インターネットはありがたいなあと感じています。
気遣って届くメールがこれほど力になるとは思いもしませんでした。
その優しき人々はまさに「善は遠くからせよ」を実践、恐縮する次第です。

猫家族、今日の写真、少々、本気で撮影しましたよ....。
chipoちゃん。

coco

fu

modo

momo

nini

ゆっちゃん。血液検査に異常は無いものの要注意です。

私の不調、近所の歩行は欠かせません。

今日・あらためて写しました。

2020年4月15日水曜日

momoの背中?

momoの背中の模様?
いつもワンちゃんを乗っけています。



人に会わないというのは意識するとなんかヘンな感じですよね。
近所の花なんか写しちゃって。


二階の一室。
左はcoco、右はnon。
写しかたはパノラマなので少し広く見えます。



その辺をブラブラするだけなのに必需品です。


食べ物は買いに行かなければならないので、出かけますが、マスクが不足しているのはどうやら深刻なようだ。
自作は大きな有効手段かもしれませんね。
人への感染確率を下げるために...。

2020年4月14日火曜日

親子。

昨日病院へ行ったm母さん(左)。

息子のi(右)も随分と不安だったと思います。


「お前は絶対に病院なんかは行かせないから、大丈夫」
そんなことを言っているように思えます。



親子、兄弟、親戚、親友、大事な仲間....
ウィルスは容赦し無い。
できることは限られている。
このままなら
対応薬やワクチンができるまで、助けられない人が増え続ける。

数は少ないと思うが、危険性が正確に伝わっていない可能性もある。
新聞、テレビ、ラジオ、が無い、ネット環境なんてとんでもない!
そういう人たちのことも考えなくっちゃなあ...。

自然の力は想像を超えている。

2020年4月13日月曜日

m母さん、病院へ。

mちゃん、病院へ行ってきました。
出発。キャリーが小さく、軽い、それだけで切ない。

車の中です。病院へ行く理由はこの鼻炎ではありません。

治療は爪の異常です。自分の爪が自分に刺さり込んで血が出ました。自宅でのカットも努力したのですが、その後の処置に不安があり、通院を選択しました。
診察台に血が広がりましたので、カットのタイミングはギリギリだったようです。(危なかった、人間のお母さん、観察鋭い!)
無事、帰ってきました。


家族猫の中でも特別なm。
札幌、円山での外暮らし時代、
mは息子のiを守るために大型犬にもひるむことはありませんでした。
親子で不妊去勢手術を受けるときはキャリーの奥に息子を隠して、私たちに最後まで抵抗しました。
抱っこするまでに13年かかりました。
並みの「根性」ではありません。
これが外暮らし時代の写真です。当初、片目はダメかと思っていました。


病院では初めてのエリザベスカラー、よほど気になったのでしょう、しっかり自分でケア?
帰宅後の動画です。



自然をあまりにも甘く見ていた。そのツケがウィルスとなって立ちふさがる今。
できることは限られているが、それも投げ出したら、完全にヤラレル。
無関心、無神経が人の命を奪う。
しかし、負けると決まったわけでは無い、
少なくとも、誰一人として無関係の人はいないはず、
「総力戦」だけがその勝つための手段だと思う。

2020年4月12日日曜日

写真、多いよ!見てね!!(There are many photos! look! !)

cocoちゃん大緊張?


momoちゃんも?


原因はpilikaがパニック(自分で自分をひっかいちゃう!)を起こしてここに潜り込んだからです。
パニックの時の声は家中の猫家族が静まりかえります。



ジュニアです。
今日はお薬ご飯をしっかり食べてくれました。ご飯の前に入念にマッサージをします。
痛み止めとして調合してもらっていますが、緊張も緩んで休めるようです。
この後、総合のカリカリご飯も二種類食べてくれて、人間のお父さんもお昼ご飯をゆっくり食べることができました。

彼のいる部屋の窓。猫家族が無事なようにこの家が壊れないことを毎日祈っています。(大丈夫だと思いますが念のためです)


TNR、また、R後など、外でやるべきことは数え切れませんが自主的に隔離生活をしています。せめて、玄関のポスターだけでも頑張ってもらっています。


やはり、アメリカの方のアクセスが多いですね。外出禁止をしっかり守っているからでしょうか?

二階、pilikaのいる部屋の押入れ天袋です。pilikaがここに引きこもると手が届きませんので、ダンボールで閉鎖しました。部屋が広く見えるかもしれませんが、パノラマ写真です。


港にボートが写っています。
お一人ということは無いはずですので、濃厚接触の可能性があります。「自分だけは大丈夫!」 これが誰かを命の危険性を限りなく高める。
対応薬やワクチンができるまで、どれだけの人を救えるか?
その数は「無関心数」をどれだけ減らせるか?にかかっています。
人に会わないでなんとか乗り切ろう〜〜〜!!!
これしか無いんだよね..今は。
この街も

世界中も
今が正念場!
この灯篭の頭部分も一緒に頑張っています。