2020年2月15日土曜日

ご飯。

猫家族の食欲は体調のバロメーター。
昨日まで食べていたものが、今日は全然ダメ!ということも珍しくありません。
上はpilika下はcoco。

実はpilika、数年来の投薬が途絶えています。
薬を混ぜていたご飯(AD缶)を全く食べなくなりました。
無理をせず、薬を混ぜることのできるご飯を模索中です。
写真で食べているのは腎臓の療法食をミキサーしたもので、j君用のものですが、少々余ったものです。
少し離れたところで見ているのはあられ。
あられは一階組ですが、原則自由行動にしています。
あられと同部屋のゆっちゃんが他の部屋で大丈夫になったら、
部屋を一つ空かせておくことができます。色々ありますので、緊急用に。

cocoちゃんの個性が出てます。


ご飯といえば、癌と戦っているmei。食欲が落ちているのと、嘔吐が少し増えているので、可能なかぎりプッシュします。
時間をかけて、間合いを計って、なんとか.....なりました。

クリスティがそばにいたんですが、我慢してくれました、ありがとう。

2020年2月14日金曜日

弱い風邪にかかっている。

二階の猫家族は程度の差はあるけど、ごく弱い風邪のようだなあ。
目に少し症状が出ています。
もう回復した猫、回復に向かっている猫、これから症状が出そうな猫。
考えてみれば、外で苦労して、不調が目立つから家に入っているので、
弱いのは仕方が無いのかもしれません。
今のところ、通院までは考えていませんが、
要注意、特に、湿度、温度、ご飯と水の量。
触れる時間が増えると治りが早いような気がしますが...どうでしょうか?。



一階組のmodo、療法食やら、普通のご飯やら、特殊な調合食など、食べるご飯の種類は我が家では一番多いでしょう。
臆病で猫仲間とは折り合いがつかず、私のそばにいてもらっていますが、
だいぶ慣れてきました。いつものメンバーだけの時間になりましたので、
動き出します。



動物、我が家の場合は猫、
解らないのが当たり前だと頭で解っていても、やはり知りたい猫家族の気持ち。

どこへ移動しても、何を食べてもOK!という気持ちで接していますが、
j(右)動きは減っています。左はm(最古参です、おそらく最年長)
食欲が無くなってきた時、本当に皆さん苦労されているんですね。
ネットからの情報だけでも涙ぐましい努力が多く見受けられます。
まだまだ、やれること、有るんだなあと背筋を伸ばしている今日この頃です。

猫の命と向き合っている人のブログに、
「弱っていくことを妨げない」という一節を見受けました。

ある種、真理かもしれません。

2020年2月13日木曜日

あまり珍しく無いようですが....。

猫と一緒にお暮らしの皆さん、
水の飲み方、色々ですよね〜。
i君はこれが得意技?

これくらいではNHKの投稿動画には無理だなあ....。


「アレッ?なんだ?」
白くて丸っこいものが目に付いたのですが。


お水を取り替える時間なんですが、こういう時はじっと待ちます。こちらが不用意に動くと水のみを中断します。慎重にパチリ。mimoです。



新型ウィルス、手強いですね。
今日、病院(人間の)へ行ってきましたが、患者さんの誰もがマスクをしていませんでした。
マスクが手に入らないのが原因なのかな?
家、庭から出るのがおっかなくなるなあ。

北海道の関連サイトはこちら。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/singatakoronahaien.htm

2020年2月12日水曜日

意外に知らないんですよ。

このブログが始まったのは2007年。
猫家族との暮らしは長い方だと思いますが、意外と猫のことは知りません。
不調な時、普段の生活でできること、たくさんあるようです。
支援をいただいている方から、食欲不振の場合の工夫を教わりました。体調を考慮した内容です。
本当に助かっています。
j、教わった方法でゆっくり向き合います。
ただ、ご飯を食べているだけの、この風景、どれだけ私たちの助けになるか、実に大きい喜びなんです。

お母さんの出待ちも復活しました。


右が最古参のi。
左が最新人のあられ。
苦労を計る、「はかり」は無いと申しますが、どちらも命をかけた日々を送っていたことだけは確かです。


どちらも以前のような「サイコー!」という表情ではありませんが、徐々に「イイ時期」に戻りつつあります。
色々あるんですね...彼らにも。

2020年2月11日火曜日

強面(こわもて)ですが...。

ジュニア、順調です。
おっかない顔してますが、お母さんにひっついてゴロゴロするのが大好きです。
具合の悪い時、食欲が無く、私がいろんなものをプッシュしていたので、きっと何か美味しいものを持ってきたのでは?と期待したのに、お水を取り替えに来たと解って、こんな表情になったのかな?


ビッグサイズNo.1だった頃のjを知っている方はちょっと驚かれるかもしれません。
要注意、観察です。
みんなの育ての親。j。



モフモフサイズではNo.1のfu。カラーコンタクトでは無く、カメラマンが下手で昼間の「赤目」?
monがいつもセットで一緒なんですが最近、うまくいっていません。
本人はこの通り、ノ〜〜〜ンビリなんですが...。

2020年2月10日月曜日

Junior is back

ジュニア、退院、第一関門通過しました。
病院で私の声を聞いて、大きな声で鳴きました。
元気な頃にもあまり発することの無かった、
怒っているような、嬉しいような、甘えているような。
帰宅、そして、自分の居場所を早速確保。


今日はジュニアの日です。
でも安心はできません。体質の改善は生易しいものでは無いからです。
口腔内の感染症、「外で暮らす猫」には多いそうです。
経験的にあまり多いと感じないのは...
おそらくは私たちの目に触れる前に命を無くすからでしょう。


高速道路に入る前、信号で止まっている時、運転席から降りて、後部座席のジュニアの状態を確認しました。
「大丈夫だよ!」
そう言っているように感じました。
なんとか冬を越すよ!
頑張るよ!
ジュニア....。

2020年2月9日日曜日

休む時を知っている?

ヤレヤレ、一休み。
1日の中で何度かありますよね。
でも、そのタイミングを心得ているのがこの二人(2cats)
左がm右はゆっちゃん。



本日はpilikaの動画を二つ。
まずは前編。

そして後編。



港街小樽。
新型のコロナウィルス感染症対策、頑張っているんだろうな。


ご支援、頂きました。港街おたるのYさん。ありがとうございます。