2019年12月14日土曜日

その心は....

このブログでも、何度か紹介しています。


http://www.peshawar-pms.com/

国際NGO(NPO)「ペシャワール会」のサイトです。
中村 哲さんが亡くなられた報道で最近知った方も多いと思います。

立ち向かった課題の大きさ、深さは容易に想像できるものではありませんが、
学ぶことは尽きません。

皆様もぜひ!彼の足跡をたどり、今、世界は何を必要としているのかをそれぞれが考えて欲しいです。


「ボランティア」というと無償の活動で、
自分ができることを、できるときに、できるだけすることだと考えて良いと思いますが、
その活動を継続させて社会のインフラまでに成長させるには
「善意の持ち出し」だけでは回りません。善意があっても何もできない人がいることも忘れてはなりません。
では社会の変革を願い、活動するにはどうすれば良いのでしょうか?

このサイトは信念の基に集まった人々の地道な活動が報告されています。
当然ながら、その詳細の裏には過酷で言葉にできないこともあると察します。


「動物を捨てる人々」
環境省の啓発ポスターに「動物の遺棄、虐待は犯罪です」というのがあります。
その刑罰の重軽の話は次回にするとして、
さて、
今の時期、捨てられた動物は「確実に死にます」「凍え死にます」
ですから、動物とはいえ、この犯罪は
「命を奪うという犯罪です」
人間の場合、理由はともかく、自分が殺されるかもしれないと思えば、死力を尽くして反撃するでしょう。
猫の場合、私が知る限り、人を攻撃して殺すことはありません。
ダンボールに入れられて、外に置かれたら....死ぬのです。
犬が人を嚙み殺すことがニュースになることがありますが、
毎日毎日、闇から闇に葬られる犬の数を誰がニュースにするでしょうか?
犬が人に危害を加えれば、最悪の場合、殺されますが、
人間が犬を何らかの理由で殺しても、それは見過ごされています。
動物殺しは行政も積極的に行っていました。
多くは「生かす方法」を行政が考えなかった結果です。

この国は、いや、人類は残念ながら、他の命をもらわなければ生きていけません。
しかし、
無抵抗の動物を殺しても良いという理由にはならないでしょう。

動物の保護を考える時、
これは「社会改革」だと認識しなければ、
歩みが止まることはなくとも、
「善意の分け合い」が厳しくなり自分の持ち出しの限界が活動の限界になるでしょう。


「真の奉仕とは、自分を満たしつつ、相手に与えていくということです。」
ナイチンゲールの言葉もあらためて深く考えなければなりませんが.....。


短い期間に家族を多く看取りましたので、ちょっとした、不調も重くのしかかります。
fu、やや不調。


i君のパンチはかなり危険です。


人気スポット。


新人のnini、お利口さん。早く仲良しができるといいね!

2019年12月13日金曜日

危険!

そうなんです。
お客さんは少ない家ですが、
最近は宅配さんに世話になることが多くなり、落雪の危険を感じます。
宅配さんは本当に忙しい。
この季節、車が坂を登れなくなり、下のバス通りから駆け足で来てくれる。
こちらは大助かり。
でも、落雪の感覚が無いらしく、全く気にしないでドアの前に立つ。
それで、こうなりました。


立派?な玄関はあるのですが、そこは外暮らしの猫たちの避難場所になっていて、こういうことになっています。
頑張って、落雪を回避できるようにしますので、宅配さん、よろしくお願い致します。

とりあえず、家の中は安全のようです。

2019年12月12日木曜日

雪は軽くても重くても..冷たい。

今日の雪は重たい。

この程度でも通路だけは確保しておかないと、ドカンと降った時に困ります。
除雪機、活躍してます。だいぶ慣れました。最初は無駄に力を使っていたんですね。
除雪機が無かったらこうはできません。助かっています。



nini、頑張っています。誰か仲良しになって、そばに居たいんですね。
mameはまだ緊張の目つき、でも、追いかけ回したりはしない。むしろ、niniの方が積極的なので、みんな「ドッシヨウカナ?」ってところですね。


でも、niniはたいしたもんだなあ、これだけいるんですから。別な部屋に散らばってくれればそうでも無いんですが、先輩たちを無理に移動させるのもリスクがあります。



我が家のネーミングに気づいた方、いらっしゃいますか???
mとiは親子です。大きい方が息子のi、この名前は愛という意味もあります。我が家最古参の親子。全ての始まりでした。

jは療法食に慣れてくれました、他の療法食も同じ部屋にありますが、こうして、自分のご飯を主に食べてくれています。
ありがとうj、彼に育てられて生き延びた仲間は少なくありません。知ってる限りではこんなに他の仲間を大切にしてくれた家族は居ません。
健やかにと祈るばかりです。

2019年12月11日水曜日

nini (ニイニイ)お試しデビューその他写真いっぱい!

nini (ニイニイ)お試しデビューです。


まだ少し緊張のnini。
最近、旅立った仲間が多く、niniを見る目が少し違っている自分に気づきます。
苦しいという訳ではありません。切ないというのが当たっているかもしれません。

猫の悲惨な状況を行政が社会の課題として強く対策しないのは
「猫は人に害が少ない」というだけの理由です。
人が思い苦しんでいることは「社会の課題では無い」と言い切っているようなものです。
政治、行政は「少子高齢化」を呪文のように唱えていますが、
「命」について真摯に考えることをおろそかにして、果たして、何ができるというのでしょうか?


今日は少し暖かく、家族も嬉しそう...。



ジュニアがご飯食べています。これだけのことですら、胸を熱くする。「ジュニア。ゆっくり行こうぜ!」

2019年12月10日火曜日

ジュニアはゆっくりと....

ジュニアはゆっくりと....

ジュニア。トイレ、ご飯、水、ゆっくりと改善していますが、本来の彼の性格からいうと、今は「不機嫌」、これがまだまだです。
でも、今回はあまりプッシュしません、ゆっくり、ゆっくり、を念頭に見守ります。
病院へ連れて行った私は....特にゆっくり。(声をかけたらこっち向いてくれるんですよ..)


みなさん、動物のために支援する形、色々ありますね。
極、一部ですが掲載します、ぜひ!アクセスして、支援の輪を広げて頂きたい。

ニャンともさん。
https://nyantomo.jp/support/

ツキネコさん。
http://tsukineko.thebase.in/

しっぽの会さん。
https://shippo.or.jp/

一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル さん
http://christelfoundation.org/

帯広WISH
https://support8wish.thebase.in/

犬のM基金さん
http://m-kikin.com/


十数億円をやりくりしている「社会貢献事業」の例ですが、
寄付や物販は全体の収入の一割もありません。
そして、
その一割は確実に減少傾向を示しています。

ボランティア活動とは自分にとってどういうものなのか?
これをもう一度見直してみたい。
何をするにも「労力」「物資」「お金」が欠かせません。
これは大なり小なり「人生」にも関わることです。
行政は社会貢献事業体、そのものですが、
行政だけでは立ち行かないのが現状です。
民間が何か社会のために行動を起こそうとする場合、
現実を客観的にみると、
「ボランティア」はその行動をサポートする個人的活動と言えるのではないでしょうか。
どのように活動するかは個人の考え方次第。
でも、もう一度、
何をするか?をよく考えてから、
どのようにするか?を考えてみようと思う。

2019年12月9日月曜日

この足跡は???

雪が降って、庭で辛抱してくれている猫たちの活動も静かになりました。

それはそれで「元気確認」が難しいと言う切なさはあります。
でも、
猫の動きが少ないので、他の動物が動くことも有るんですね。





窓の向こうの点々とした灯りはバス通りの向こうの丘です。寝ているのはmimo。


右にカメラを回すと、上からulan(オシリこさんだけ...ごめん)、fu、hana。

少し引いて写すと、こんな風です。



j君、腎臓の療法食、効果が出てるようです。
気の抜けない日々が続きますが、こうした寝顔を見ると「フッと」安らぎます。

2019年12月8日日曜日

ジュニア、検査。

頻尿激しく急遽病院へ。
この時期は多いらしいです。

ジュニア、7kgオーバーですので、お母さんは二階から下ろせません。
まずは一階へ。

そして車中の人...じゃなくて..車中の猫となりました。出発です。


頻尿はほんの少しでもオシッコが出ているけど、回数が多い状態のことを指すらしいです。
でも、完全に出ないのにトイレの回数が多いのは重い原因も考えられるので、検査で確かめます。

まずは大丈夫なようです。ストレスが症状を引き起こしている可能性も有るそうです。
スタッフのみなさんにはいつも面倒をかけています。


注射と療法食で「大丈夫」だということ、確認できました?
注射が終わったら、ちゃんとオシッコが出ました。(ヤレヤレ...今日は少しゆっくり眠れる...かな??)

他の家族も同じですが、病院から帰ってきたら、いつもながらキャリーダッシュ!。



遠きより hana届きたる 初冬なり。