2019年7月6日土曜日

fuちゃん、精密検査。

fuはお父さんと仲良しです。
だから、抱っこしてキャリーに入れられます。
(しばらくは警戒されてダメでしょうけど)
この顔を見るのが辛い。


そして、車へ。


食欲不振と嘔吐が続いたので検査したのですが、は大きな問題は無し。
風邪の症状の一つか?
しずくが亡くなって気落ちしていたのが伝播したのか?
天候の不順でリズムを崩したのか?
こういう場合、人間だとどうするのかな?と考えてしまいます。

様子を見るしかないのですが、これがまた、神経を使います。 あまり、過敏になるのもどうかな?ということで、こちら(人間)が少し肩の力を抜くことを努力します。
水を飲んで、ご飯を食べて、トイレをしてくれるとOK!!

帰宅したfu。周囲を確かめています。


ダッシュ!



小樽のYさん、ご支援、ありがとうございます。

ゆっちゃん、(右上)何かもらえるかな??

2019年7月5日金曜日

あられは忙しい。

あられは誰か(人間)がそばにいると、ひっついて、甘えます。
でも、
誰もいないと忙しく居間を回ります。
「あ〜あ喉が乾いた..」


j(左)は誰にも優しいけど、
あられはまだ、ちょっと距離があります。



昨日と同じ、どんよりした空。

家の中に風道を作ってなんとか湿度を保つようにしていますが、
一緒に暮らす猫たちもドンヨリしています。

2019年7月4日木曜日

天気、はっきりしませんね〜〜。

hanaちゃん。
ここに居場所を見つけました。



天気のせいかなあ????
みなさん、おとなしい感じです。
夜中のバトルもほとんどないです。

左上の暗い部分にmame。
窓辺はfu。
真ん中はmimo。


人間のお父さんはちょっと風邪気味....。
みなさんも油断しないようにね!

2019年7月3日水曜日

kちゃん、動く!!

今日はkちゃん、よく動きました。



朝の特別食を少し早く食べてもらっています。
そのせいかどうかは?ですが。
爪とぎも歩く姿もやはり一番迫力があります。

こんな光景だけでも、嬉しい。

我が家に入る時の様子、その後の、タフな闘病生活、
kちゃんをこの世に送り出したことについては、
私を含め、無関係の人は誰一人いません。

「なぜ猫が私たちのそばにこれほど存在するのか?」
深く、考えて欲しい。

2019年7月2日火曜日

備忘録その2

下記は駒崎弘樹著「社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門」の一部です。

今の日本にとって、「お役所任せ」から脱し、
一人ひとりがもっと社会に参加して、行動する世の中にしていくことは急務だ。
それは「行政はもう要らない」と見切りをつけようということではない。
「社会を変える」という仕事を政治や行政だけに任せるのをやめ、
僕たち一人ひとりも社会を支える、言ってみれば「公共」の一員となる、という覚悟が必要だ、と僕はいま声を大きくして言いたいのだ。

抜粋はここまで。

社会貢献事業を考えるときに、
強く印象に残り、様々な要素の判断材料となるのはこの一節。
「公共」の一員となる覚悟。
この部分だ。
私はこの部分を
「みんなでやらなきゃ意味が無い」
または
「みんなでやらなきゃ改革は成し遂げられない」
と、理解している。

行政に対する不満や批判は
全て、
一般市民にも当てはまる。

ここからは猫とトマトの話。

はじめはm(左)が人間のお母さんにひっついていたんですが、
クリスティがあっさりと入れ替わります。
他の仲間が遊んでくれない時はこうなります。



不順な天候にめげず、ガンバル!トマト



台風にご注意!
まずは逃げる!!!

2019年7月1日月曜日

初心を忘れないために。

初心を忘れないために。



A.ボランティアとは
自分から進んで社会活動などに無償で参加する人。
大事なこと。
1.ここで無償と無利益を一緒にしない。
 「無償とはどういうことか?徹底的に考え、共有する」
2.自ら進んで参加するという意味は自分なりの考えがあるということ。

B.非営利団体と営利団体。
非営利団体の対義語(反対語)として営利団体がある。
この分類は、団体を営利目的か、非営利目的かで分類するもの。
ここでいう営利・非営利とは、
団体が事業を通して得た利益を
出資者である株主等に分配するか否かを意味している。
従って、
非営利団体は収益をあげてはいけないという認識は間違い。
なお、
該当団体の法人格所有の有無は関係しない。
ここで大事なこと。
1.一人以上の人数で相談してボランティア活動をする全てがこれに該当する。
2.ボランティア団体にとって、「株主」とは誰か?を考えなければならない。
3.さらに、その株主(寄付してくれる人、自ら進んで社会活動に無償で参加する人)に対する「報酬」とは何かも考え、言葉にして、広く社会に見えるようにする。
なぜか?維持継続のため。

3.法人格そのものにはあまり意味が無く、
どんな主体でも社会貢献事業は実施できる。

4.ボランティアサークル、同好会は上記の全てに縛られない。


m(左)K(右)にも聞いてもらっている?







2019年6月30日日曜日

奄美の猫の命。

奄美の猫の命。

一緒に考えていただきたい。

https://bunshun.jp/articles/-/12545
文春オンラインのサイトにつながります。

鹿が増えたから、殺して食べよう。

クマが人を襲ったから殺しましょう。

一度、立ち止まってゆっくりと考えを深めませんか?

正しい答えがどこかにあるわけでは無いと思いますが、
共存の道が無いか?
どのような共存が良いのか?

一緒に考えて、発信していただきたい。


今日の寝床争奪戦、始まりました!!


ピリカの全体像。よくぞ、ここまで大きくなってくれました。ありがとう!
右上はnonちゃん。