2019年5月4日土曜日

kちゃんの定期検査、行ってきました。

連休中の平常診察日、
これを逃すと交通渋滞など、
kちゃんに負担をかけると思い、行ってきました。
病院はフツーに混んでいて、ちょっと待ち時間。


kは今、逃げたり、暴れたりする馬力はほとんどありません。
大手術の後だということもあり、色々と不安でしたが、
レントゲン、エコー、検査結果は問題無し。
この定期検査は半年ぐらい続く予定です。その後のことは未定です。
帰宅後、すぐにトイレ、そして水、カリカリご飯少々、呼吸がいつもの状態になるまでに少し時間がかかりましたが、mと一緒に定位置に落ち着きました。

手前k、奥がm。


仲間と馴染むのに苦労してます。
chipoちゃん。
くたびれた〜〜〜。



おねちゃんになった?クリスティ。
やっぱり、簡単にはあの見晴台に登れません。



お日様に感謝。

kちゃんが無事に戻り、検査結果も良かったです。
明日は難病?のsizukuが通院の予定。
札樽間、誰も無事故でありますように!よろしくお願い致します。

2019年5月3日金曜日

レスキューハウスのヒーター、やっと、電源を外しました。

人間の都合で不妊去勢手術を強いられ、
厳しい外暮らしをしなければならない猫たち。
「ごめんなさい」そして「ありがとう」
レスキューハウスのヒーター、電源を切りました。
寒くなりませんようにお願いします、お天道様。

外から見れば一応は小屋に見えて、
なんとなく、冬の隠れ場所になるような気がしていましたが、
冷静に考えてみれば、
雪で埋もれたら、中は真っ暗です。
気づくのが遅かったです。
今年は動体センサーで点灯する小さなライトを付けました。
室内用なので、さて、どのくらい、耐久性があるものか?


誰かが一緒なら(特に人間のお母さん)、 あられは家中、どこへでも行けます。
まだ外暮らしの習性がどこかに残っているんでしょうね。
小さな窓でも興味を示します。
ここは屋根裏部屋を改装した柱だらけの部屋、屋内の暮らしに慣れたら、
あられはどこに落ち着くのかな?



この部屋の隣、割と居所が定まらないcocoちゃんがいます。
顔を手で隠して寝ているんですが、
解りにくいですよね。(白いおひげさんがヒントです)



難病?と戦うsizuku。
回数を多くしてなんとかご飯の量を増やそうと頑張っています。
今はこの三種が頼り。
ウンチが柔らかいので、カリカリご飯に移行したいのですが、顔を近づける程度で認識しません。
今はなんでも食べて、空腹感を取り戻してもらいたい。
カロリーエースを主体に魚のほぐし身、食欲が止まった時のために匂いの濃いスープを少し。



明日(2019年5月4日)定期検査の予定です。kちゃん。



突然ですが、
憲法第十二条と公共の福祉の話です。
憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
これは
「自由と権利」は放っておくと「金と権力に取り憑かれた悪党」に独り占めされ、永遠に無くなってしまうぞ!
と、いうことでしょうか?
でも、この権利、
「他の人の人権を無視してまでも」「自分の人権が保障される」訳では無いようです。
どうやら、
人権と人権を調整することが「公共の福祉」ということらしい。

ですが、
気づいてみれば、政治家の方々、別な意味で使っているように感じているのですが、皆様、イカガなもんでしょうか??
少なくとも、「動物の命」に関しては言及していないようですね。
しかし、
「動物の悲惨な状況をなんとか改善したい」というのは、
人の権利として、認められると思います。
さらに、「そうは思わない人」がいるとして、
その人たちの権利を侵害することでも無いように思うのですが、どうでしょうか?

さて、今夜も寝られない...。(実際は三時間は爆睡の可能性あり..三時間は...)

2019年5月2日木曜日

デカイのが不機嫌、大変だ!

こんな風に落ち着きがあって、のんびりしている時はイイんですが...(左、布団の中はクリスティ、右、fu)
体格の大きい仲間が不機嫌だと小さい仲間が被害を受けます。
この足はfu。

全体を写させてくれません、
これはかなり不機嫌..。

とりあえず、fuが自分から離れていくまで、ゆっくりとブラッシング。

こちらもデカイ、エル君、今日は不機嫌。
すでに、十分にブラッシングと会話?をしましたので、眠く?なりました。


さて、この後が重要です。
あまり急に部屋を離れると、次のコンタクトが難しくなります。
ご飯です!
いつものご飯で、そこら辺のどこにでもあるものですが、
私の手から手品のように出して、口の前に少しだけ、置きます。
食べ始めるのを確認して、ゆっくりと部屋を離れます。
仲良く、食べてますね..。

(左エル君、右がfu)


外で頑張る猫たちが使用する庭のトイレ。
ここはトマトやイチゴを植える予定ですが、空いている時はみんながトイレにします。

昨日も書きましたが、レスキューハウスの床下は、
こうなっています。

横は風雪が入らないように工夫しています、さて、どのくらい防ぐことができているか?....。


とにかく、設計図は無く、材料に合わせるDIYです。
今年は庭そのものを工夫しないとなあ....。


気がつけば、あちこちに淡い桜色が..。


無数の猫や犬が凍え死ぬこの港街、小樽。
桜はきっと知っている、人間のアホらしさと無慈悲さを。

2019年5月1日水曜日

冬も土を探して..。

不妊去勢手術後、厳しい厳しい外で、猫たちが頑張った証です。
量的には一部です。

冬、庭は雪で覆われまます。
しかし、
樹々や、高床式になっているレスキューハウスの床下には土の面が少し残ります。
トイレは準備しているんですが、やはり、イザッという時、逃げやすいところを選ぶのか?、凍えそうな寒さの中、外で、トイレを済ませるんですね。


sizukuの状況。
ご飯の量、回数、少し増えました。
理由ははっきりしませんが、固形物は苦手で、おやつのスープにいかにして、総合食を混ぜるか?が勝負どこになっています。
この他、総合の固形物を少しづつ、試して、ゆくゆくは以前と同じカリカリご飯を食べてもらうよう、頑張ります。
私はご飯係として、どうやら、認めてもらったみたいです。(ありがとう、sizuku)




私が寝るまでは私のそばで寝ているmodo、深夜はここが寝床。登場です。

どこへ向かうか?といえば、ここです。jは本当に優しいので、怒りません。(左がj)

jが移動したら....

modoも移動...。
でも、五分が限度かな。


小樽の人なら見慣れた風景。
未だ、春って感じ、遠いなあ。



ペットフード売り場で、大量の猫ご飯を買っている女性に出会いました。
お互い、名乗りませんでしたが、様子は概ね判りました。
「孤立しないで保健所に助けを求めてください」
「小樽にも猫のために頑張っている多くの仲間がいます、見知らぬ誰かが、お力になれるかもしれません。」
連休明けには保健所へ電話すると言ってくれました。
ありがちな多頭飼育ですが、崩壊寸前でしょう。
動物の命を保護して、天寿を全うしてもらう活動。
これは、
当事者であるその人の人生を変えてもらう、大きな大きな、問題なんですね。
他人事ではありません、自戒を込めて書いていることをご理解くださいますよう、お願いいたします。


「ボランティア」ってなんだろう?
あらためて、考えさせられた、数分間でもありました。

2019年4月30日火曜日

冬支度?!

雪が降る前に冬支度を開始です。
年々歳々、体力勝負を考えますと、準備が早すぎるということはありません。
冬の間、レスキューハウスの中は、
支援物資の毛布、古着などで、できるだけ暖かくしますが、
外側にも風除けを重ねます。
こうすると、雪解け水の侵入も少なくなります。
ビニールシートやキャンプ用の暖房マットなどは、紐で縛ったくらいでは一冬持ちません。あらゆるところにダンカッター(ホチキスのデカイやつ)で打ち付けます。それが残ると危険ですので、完全に除去します(最近、目が歳並になって結構難儀します。)
格好だけは気合が入っているんですけどねえ〜〜。
工事現場のゴミ掃除を経験した時に習ったこと、役に立っています。


冬のための断熱カバー。これくらいになります。(その一)
(その二)


ついでに、書くと、小樽の工事現場、ほとんどヘルメットかぶってないなあ。
開発事業者、ゼネコン、サブコン、の人たちは、過疎を逆手にとって、将来のために、しっかりと商売に結びつけようと、模索し、
どんな現場でも、参考にしようと、しっかり見ています。(経験則から..)。
知り合い、縁戚、友達つながり、ご近所の紹介...この辺だけの営業で食べていけるのなら、
それはそれで、良いのかもしれない。
でも、「良いもの」を求めている、
見知らぬ人達と繋がる努力をしないと、
大手と土建政治家だけがボロ儲けする時代は終わらない。
ヘルメットはかぶった方がイイ。
いつの時代でも、どんな工事でも、最大のリスクは「人命」だ。


対策が行き詰っているsizuku。
量は全く少ないんですが、まずはご飯(スープとペーストの混合)。

そして、爪研ぎアクション。

もう少し食べないと判りませんが、トイレも行きました。



人間のお母さんにしがみつくのが日課のm。
居間で一人の時は手がこんな風に...。



10連休中の皆様、交通事故には十分ご注意を!
天候もあてにならないから、寒さ対策も必須ですぞ〜〜〜〜!
では、また〜〜〜。

2019年4月29日月曜日

未だに慣れるということはありません。

mei、検査です。



検査結果。
順調です。
闘癌薬は今までと同じで週に一回。でも、免疫力が少し戻っていましたので、今日は注射無し!。

検査でも、治療でも、もちろん手術でも、いつでも、緊張します。
未だに慣れるということはありません。
重いもんですね、「命」ってやつは...。限りなく重いもんですね.....。


対策に苦慮しているsizuku。
スープ(支援物資です)と水はなんとか飲んでもらいました。
次はカリカリご飯なんですが、
どうも..?様子がおかしいです。うまく、口の中に入らないようです。

sizukuのためのちっさいキャリーに入っています。

ウ〜〜ン??今後の対策を検討中です。


午後、日差しが少し残っていました。
まぶしいので、こうなるんかな?
手で目を隠すこと、よくありますよね。(どこが手?どこが足?)
chipo君。



お馴染み、制御不能のわがまま娘、クリスティ。
連続写真?でご覧ください。





これがエル君なら、ドア全体が壊れていると思います。
あ〜あ..クリスティで良かった。(そういう問題じゃ無いか!)

2019年4月28日日曜日

「検査は明日?」「思い出される苦難」

meiちゃん、今日の検査中止。
昨日、闘癌の薬を飲みましたので、疲れが出るんでしょうね。
押入れの天袋で寝てしまいました。
で、検査は明日(予定)です。


闘病の仲間が気になるのか?
エル君、ストレス、大きいみたいだ。

今は一番大きくパワフルな「子供」のようです。


春が遠く感じられる昨日、今日。
外暮らしの厳しさを思い知らされる....
この耳を見ると...。


    



この港町の人々、
もう少し、
「犬や猫の命」について考えて欲しい。
自戒を込めて。