2019年4月20日土曜日

長期戦になっているsizuku。病院へ。

「長期戦になりますよ」ドクターの先見の明。その通りに戦いは長引きそうです。季節が不順なことも影響あるようですが。
sizuku、二週間に一度の注射です。
先回より、少し早く薬の効き目が弱まったのか?
動きも少なく、痩せた感じでした。
くれぐれも、病気が無ければ我が家No.1の美人さんで「猫らしい猫」です。念のため。
まずは車へ、

帰宅。
しばらく動かないで固まっていましたが、なんとか大丈夫。

念のため、お薬が処方されました。新たな戦いの始まりです。


手術後のkちゃん。
ほとんど、寝ていますが、ご飯、お水、トイレ、しっかり大丈夫。左から、m、k、j

そこにやや大きめの赤ん坊modoが割り込みます。(右奥、黒)

kちゃん、ご飯の時、傷が少し見えます。脇のシワと一緒に見えるので、一瞬、傷が実際より、大きく見えます。でも、しっかりとくっついていて、心配無し!ドクターに感謝!!



我が家の最強デストロイヤー、エル君と二階で同室なので、できるだけ、一階に避難することを覚えた?クリスティ。

彼女も原因不明のコブのようなものが尻尾の付け根にありますので、検査待ちです。
今回のkちゃんの手術以来、全部の仲間の健康を疑うようになったなあ...。当然のことなんだろうけど、難しいです、早期発見は。
kちゃんは保護当時の体力と体調が手術に耐えられませんでしたので、去勢をしていませんでした。今回、精密検査の上、徹底的にリスクを回避して、去勢手術を決行しました。
他の病気と戦う場合、有利になるということもあります。
健康でドクターがokと判断したら、不妊去勢は大切なんですね。この度、あらためて痛感しました。

2019年4月19日金曜日

癌と戦うmeiちゃん。

癌と戦うmeiちゃん、

ご存知のように癌の治療薬は完治を目指すものが未だにありません、
次のステージに進まないように一定程度の効果を期待するしかありません。
そして、自らの免疫力が下がるというマイナスの影響も出ます。

投薬が一週間に一回になってから、
薬の影響が少し楽になったのか、
首をあげている時間が増えました。

動きはあいかわらず、ぎこちなく、弱々しく、見ているこちらがハラハラします。

meiは冬のある日..
あまりにも足が冷たいので
左右を交互に地面から浮かして、
遠慮しながらたたずんでいました。

この小さな足で...



包帯が無くなったkちゃん。
寝てばかりですが、再発の発見のために気が許せません。
微妙な変化を見つけるのは意外に難しい。
トロトロご飯を食べているところ。

mちゃん(左)と一緒。



小樽市役所の上にある公園。

そこから見た港、外国との商売には色々と課題があるんでしょうが、大きな船を見るのは好きです。あんなデカイものが浮いて、動くんですから。(俺だけ?かな、この感じ)



古いけど、若い。
小樽、これからだと思う。
動物に対する扱いと刑務所での人の扱いでその国がある程度理解できると言いますが、
そうかもしれませんね。
刑務所の方は知りませんが、
「生まれたばかりの猫を玉ねぎの袋に入れて運河に捨てた」と言う話が、老婆の口から 未だに聞こえてくる小樽という街。
前だけを見て、歩みを進める以外に無いなあ。
若い、幼い街だと思いながら..。

2019年4月18日木曜日

明らかに私の見過ごしです。

大病を経験し、持病の悪化も懸念されていたのに、
大事になってしまい、新たな危険も加わったのは、
明らかに私の見過ごしが原因です。

不幸中の幸いは、
人間のお母さんが間髪を入れず、
「病院!」と決断したことかもしれません。
1日遅ければ、kちゃんの普段の状況からしても、
もっと大きな手術になって、
難しい日々を送ることになったように思います。

自戒のために、書きますが、
叶うならば、
同じような見過ごしで大事に至らないよう、
参考にして貰えば、ありがたく存じます。
そして、
これ以上に大変な状況の仲間がいることも、
忘れてはいません。

最初はこの腫れものの発見でした。

その拡大写真。

病院へ

カサブタを切除します。


その日に入院。
翌日手術。

包帯を巻いて帰宅。

彼が包帯(傷をカバーする服)を身につけるのは二度目です。
以前の写真(2012年9月6日)。

傷の色が黒ずんで見えたので、家で包帯を取り替えました。

これ、実はやらなくてよかったんです。
4月8日月曜日、傷の大きさに驚いて、あらためて病院へ包帯を巻き直してもらいましたが、人間のお父さん、慌てすぎでした。


本日、4月18日(木曜日)無事に抜糸しました。


帰宅後、しばらく落ち着きが無く、トイレ、水、ご飯、トイレ....。

1時間ぐらいして、やっと落ち着きました。

さて、この後が問題です。
猫には珍しくない、二番目に多い症状だそうです。
腫瘍ができた場所にもよりますが、早期発見に越したことはありません。
kちゃんの場合、
術後、その付近には残っていないことがはっきりしましたが、
リンパ系に転移の疑いが「0」ではありません。
毎月の検査を続けることになります。
最悪の事態は考えないようにしていますが、
ご存知のように、リンパ系への転移は、かなり、難しい状況 と言わなければなりません。
問題としての順位は低いのですが、
心臓にも課題が見つかっています。


彼の辛さを無駄にしないよう、頑張ります。
文末ではありますが、
数々の応援、あらためて、感謝申し上げます。
これからもkちゃんをよろしくお願い致します。

2019年4月17日水曜日

回復が順調に見えますので..。

Kちゃん、(写真手前がk、奥はm、いつもの様子です)
回復が順調に見えますので、
4月18日(木)予定通り、抜糸に行きます。



これはnonちゃんが押入れ天袋の落下帽子柵を歩いているところです。

写真ですので、止まっていますが、これが意外に速い動き。
こういう時、こちらはじっとしています。何か動きを見せると余計に素早く動きますので、キケンです。
猫は落下に強い、なんとなく、そういうイメージ、私もありましたが、どうやら、違うみたいですね。
お医者さんの話や我が家の実例を見れば「そうなんだろうなあ、落ちれば怪我するよなあ」と、最近は注意しています。

滅多に登場しないユッちゃんこと、ゆうき君。
人間のお母さん以外は全てNG。
何分でも抱っこされています。
これも自分が落ち着くため?それとも、ハズカシイ!!かな。

4月18日(木)抜糸の予定です。

元気にしています。
急変が無い限り、予定通り、4月18日(木)抜糸します。
kちゃん。手前はm。



市議会員候補「高橋りゅう」さんの提案書をご紹介します。


投票の応援ではありませんが、ぜひ!ご検討をお願いします。
これほど、明快な提案は小樽市では初めてです。

小樽市になぜ?保健所があるのか?
根本的な課題に議論が迫ってくれることを切望します。
「北海道小樽保健所」という名称が「小樽市保健所」となった時点、
もう一つは法令に基づく「保健所設置市」から小樽が、一度、外れても継続存続している事情。
この辺に宝物が埋まっているかも知れません。
財政難の小樽にとっての「宝物」が....。

2019年4月15日月曜日

男の辛抱。と清き一票。

夜は闘病中のmeiがこの部屋でお母さんと一緒に寝ます。
それまではエル君がボス?でなんとか仲間と一緒に暮らしていました。
エル君は診療室全壊は朝飯前のタフガイ。
何気無いパンチでもしっかり効き目があります。

彼もまだまだ子供、お母さんに抱っこして欲しいいんです。
そのエル君、
meiが闘病生活に入ってからは「甘え」を抑えているのか、
機嫌の悪い時が増え、
仲間に対するフーッシャーッも多くなりました。

でも、
彼はmeiちゃんが寝ている時は距離をおいて、
じっと男の辛抱をしています。

解るんですね、meiが今の状況が..。



m母さん、しっかり朝の特別食、食べました。

もちろん、kもしっかり食べて、男の身だしなみをしています。



毎年、今頃はカラスのシーズン?
でも、今日はちょっと違ったなあ。
写真はごく一部です。
上空にも、十数羽、山の方にはもう少し多く、
ジェット機の爆音で一時的に散らばりましたが、すぐに結集。
それほど美味しそうなものは見当たらず、動物の死骸もありません。



猫だけに限りませんが、人間の無関心、無責任が生んだ命の悲惨な状況。
これに対し行政が積極的にならないのはなぜなのか?
法律があっても実施の裁量は各自治体に任せている実態、これは国家的、組織的「ゴマカシ」ではないのか?


規模の問題は残るとしても、「社会貢献事業」として維持継続していくことは他の例を見るまでも無く、可能であることを考えれば、簡単な話、「やればできる」としか、言いようが無い。
なのに積極的にならない、なれない理由をしっかりと確かめる必要があります。
その理由によっては根こそぎの改革をしていただくことになります。
それができる人に「清き一票を」
小樽市は今日から期日前投票ができます。市議会議員の選挙です。


誰が言い出したか?「少子高齢化」と言う五文字熟語。
年齢バランスの偏りを国家規模の緊急事態と考えた末の表現でしょう。
人口減少も同じです。


日本という国のお金は減らないでしょうが、寄付する人が減るのは確実です。
1パーセントのお金持ちのために99パーセントの人が汗水を流す状況は同じでも、その1パーセントの人の数さえも減るので、偽善さえも減るということです。
その減っていく善意(偽善も含めて)の金品をさりげなく競争して集めているんだけれど、容易にうまくいかないのが、心あるボランティア活動をしている団体さん、個人さんの直面している現実であり、死活問題とも言える大きな課題です。

寄付する人にも「好み」というものがあって、
あの人、感じが良いから寄付しちゃおう!という人もいれば、
あの人、ボランティのくせに態度が大きいわね!という理由で寄付しない人もいます。
そう考えれば、ボランティも多様性があったほうが良いかもしれません。

しかし、
動物の命を真剣に考え、行動しようとする人々が「一つになれない」
これが、行政にとっては都合良いんですよね。
たとえ、たった一人の行動でも無視できないのが行政、
だから、それなりの回答はしてくれます。
今は
数多くの団体さん、個人さんに、それぞれ、対応して、それぞれに回答しているだけで、
事態を社会問題として捉え、行動しなくても、
日々を無事に過ごしていくことができる、
行政にとって、これほど都合の良い状況は無いのです。

2019年4月14日日曜日

居心地のいい部屋に集合!

今日は暖かかった。
だから、集まっちゃったのね。


7ニャン?

どうやら、8ニャンらしいです。


「選挙が始まった、投票には行ってくれよな。」
「猿飛佐助と書こうがエリックバートンと書こうが、とにかく投票には行ってくれ」
「願いを聞いてくれるなら、オイラの仲間を救ってくれる人に清き一票を入れてくれ」
「オイラは死ぬ寸前で保護されて、今も病気と戦っている。」
「でもね...オイラをこの世に送り出した無責任な人間を恨んでいないよ」
「だから、せめて、これから生まれてくる仲間を殺さないでくれ」
「オイラのお父さんは昔、オイラをボロボロにした人間を見つけたら何をするか解らないって言っていたけど、今はそんな元気も無い、なぜなら」
「オイラの仲間を助けてくれた多くの人に教えられたからなんだ」
「怒りは何も解決しないんだと...」
「だから...みんな...愛し合って...一つの輪になってくれ、そして、オイラの仲間も、その輪の中に入れてくれ」
「オイラは今、片目しか見えないけど、心でしっかり見えてるよ、みんなの優しさが...」
「オイラの名前かい?..Kっていうんだ、これからもヨロシクな!」



お母さんの腕枕で寝るのはmei。
癌と戦うmeiに、今、できることは、これくらい。


ulanのびっくり眼。