2018年11月17日土曜日

modoがmodoらしいのは?

modoがmodoらしいのは、
こんな表情。

デッカイj君に遊んで欲しいんですが、最近はmodoも大きくなったので、以前のように多くは遊んでくれません。首根っこをアマガミされて、そこでオシマイ。

そのj君の「グー」


そして、できるだけ、modoに近づかないようにしているk(手前)とm(中央)とj。
寝たふり?




定価350円の雑誌『ビッグイシュー日本版』
https://www.bigissue.jp/about/system/
このシステムは「動物保護活動」に活かせると思う。
私が「重要ポイント」だと思うところは、
「本の品質」「徹底したシステム管理」「将来像が明確」
この3点です。
「カッコ良いなあ!」と思って買ったら、社会貢献にもなっていたんだ!
この心理的な順序、忘れがちですが、大事だと考えています。
なぜなら、
社会貢献活動の最大の難関は「無関心」
『ビッグイシュー日本版』の品質は「関心」と「無関心」のインタフェイスになっているからです。

2018年11月16日金曜日

苦労をかけました....。

体質からご飯は療法食に限定、
今、一緒に暮らしている仲間は、外で彼に守られて暮らしていました。そして、現在は様々な事情で、無事、家にいます。
部屋割りが落ち着きそうな時に体調不良の子猫が入り、止む無く、ご飯の違う仲間と同部屋に、
夜はケージで寝てもらいました。
猫と同居し始めてから、初めてのことで、本当にすまないことをしたと思っています。
本当に、本当に、
彼には苦労をかけました。
でも、
お日様は彼を見捨てませんでした。
長年、我が家全体を支えてくれた、小樽のYさんに彼の苦労が届きました。
彼は愛情で作られた素晴らしい環境のもとに引っ越しできました。
今後、どこに暮らしても、何が起きるか判りません。
私は彼の祖父になり、遠くから見守ります。
彼の名前はpolo。
(写真はありません)


仲間も一緒だよ、いつまでも...。



世界中の生きとし生けるものが天寿を全うできるように切に願います。
この港街も。

2018年11月15日木曜日

療法食の食べさせ方 その2

momoも療法食で加療中ですが、
時間、場所、座っている姿勢、などがポイントです。
一番重要なのはリズム。
次に大事にしていることは無理はしないで次のチャンスを待つ。
一粒でその時の調子を試して、二粒にします。
動画、最初の部分は暗くなっていますが、すぐに解りやすい画像になります。
この時は22粒食べてくれました。



クリスティのこのオスマシ顔は????

m母さん(左)が13年かけて、やっとつかんだ「幸せスポット」にお邪魔したからでした。


治療後、鼻の通りはだいぶ良くなりました。
あとは「ご飯」と「水」をどれほど摂取しているか?ですが、とにかく人前では食べない飲まないsizuku、土曜日に検査に行く予定です。



今週末は「ニャン友さん」「ツキネコ」さん、譲渡会を開催します。
サイトでしっかり確かめて、ぜひ!ご来場を!!

2018年11月14日水曜日

押しつぶされそう!

押しつぶされそうなのは?

modo(左)でした。
真ん中のkちゃんの定位置、私の寝床の横です。
原因はデッカイj君(右)。
でも、それには訳があるんです。
二階組がドサッと(約3ニャン)が降りてくるわ、和室組が来るは、で、彼の定位置が騒がしいんですね。

2018年11月13日火曜日

水分も減らしたく無い、ご飯の総量も減らしたく無い。

水分も減らしたく無い、ご飯の総量も減らしたく無い。
カリカリと同じもののパウチタイプをミキサーでトロトロにしたもので両方を補います。

本来はkちゃん(手前)のご飯ですが、j君も食べます。
j君はいつも綺麗に食べてくれます。

このkとjがテーブル上を動くとテーブルが小さく見えます。

今日は雨だったから、スズメもあまり庭の近所にきません。
何を眺めていたのか?
mimo
ちょっと太ったかな。




「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律 新旧対応条文」
以前とどう違うのか?が、書いてあります。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/laws/nt_h240905_79_3.pdf
全部読む必要はありません、サラッと目を通す程度でいいと思います。
当たり前のことしか書いていません。
ただ、
内容が不足しているだけです。
ここまでくるのに多くの人が頑張ってくれました。
これからも一緒に頑張ります。

みなさん、以下はハッキリと心に留めておいてください。
「殺処分」は不要で、「殺さない方法」はある。
でも、仕事として殺している。
法律が何時できたか?
その後も殺し続けている人間は「犯罪者」では無いのか!
その犯罪者は今日も明日も明後日も「生活のために殺し続ける」
誰かの問題ではありません、
「私の問題であり、貴方の問題」です。
やれることを「一つになって」やりましょう!

2018年11月12日月曜日

momoの再検査の結果

momoの再検査の結果は、
異常なし。良かった。
でも、
血尿が出ているので、新しい薬とご飯をスタートさせます。

季節とストレス、以前にも同じ症状がありました。
血尿の原因の特定は難しいそうです。「膀胱炎」ということで、じっくり、薬とご飯を頑張ってもらいます。
膀胱炎はなりやすい体質(精神的なものも含め)猫がいて、繰り返すようです。
冬だから、余計に心配ですが、人間のお母さんにべったりですので、そこを活用すればなんとかなると思っています。


fu(左、大きい)mon。


kilala。ここはそれほど暖かい場所ではありませんが、モフモフだから、大丈夫なのかな??


少し体重が減ったかな?
抱っこしたら、...変わっていませんでした。
エル君



季節はどんな動物にも容赦しない。
人間の無責任が生んだ命が
今年も
凍え死ぬ。
数え切れぬほど....。

2018年11月11日日曜日

再検査。

momo
一回目の検査後、薬はしっかり飲んでいたのですが、
療法食をほとんど食べなくなりました。
夜は人間のお母さんのそばで寝るように準備して、ストレスを和らげようにしていますが...。
明日、再検査です。


手前から、i、m、j。
iとmは親子ですが、iはここにいるのが苦手です。
小さい頃、人間だけと数年間暮らしていましたので他の猫との折り合いをつけるのが難しいんだと思います。
親子で一緒にいるだけに、なんと無く、切なく感じることは少なくありません。


そのm母さん、出窓から初冬の庭を眺めています。
家に入ってから、十数年経ちますが、外を見るこの目つきは全く変わっていません。
大型犬も恐れずに我が子iを守ろうとして戦っていた昔を思い出しているのかもしれません。



抵抗の手段を持たない動物達の惨状は、
やる気になれば、劇的に減らすことができます。


なぜ?
官民協働でしっかり具体的に前進できないのか?
ネット上では今も、
殺すための施設で殺され続ける動物達が救いを求めています。
現場から声の挙がらない行政状況、
この国は少しばかりでは無く
かなり、
おかしい。
「好きで殺す人間はいない」とはよく聞くことです。
そして、
「仕事として」殺し続けるのです。
社会全体の課題です。
そして、やる気になれば、解決できる課題です。