2018年5月26日土曜日

FIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いが濃厚なゆうき君のその後。

我が家の猫ライフ、課題1


FIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いが濃厚なゆうき君のその後。

奥がゆうき君、手前のj君が出てきたので、どっかに移動するようです。


かかりつけのお医者さんの話も、
ネット上の情報もほぼ同じです。
結論から言うと、
解明されてない病気で、治療法が無い。

近々新しい研究結果が出るような話もありますが、
はっきりとしていません。
解明が遅れているのは
発症から死亡までの期間が短すぎるからだ、という話を聞いて、
心が寒くなったのを覚えています。

これが現実、人間が気をしっかり持って、最善の道を探るしかありません。

そのゆうき君、
以前に足元がふらつき・ヨダレを出すようなことが有り、
食欲も全く無くなりましたので、栄養補給と薬の処置をしてもらいましたが、
今は特徴的な症状は見られません。

主に玄関で暮らしていた、外暮らし時代、
性格がヨワッチーで、グッタリしている時間が長いので検査してもらい、
その時はこの病気の疑いはありませんでしたが、
「外暮らし困難」の判断で家に入ってもらったのが経緯の概略です。

今、考えればこの時の判断がなければ、外で生きていたかは判りません。
人間のお母さんにしがみついているのが一番心地良いようで、
いつまでも離れません...時間が許す限り...いつまでも...いつまでも。


我が家の猫ライフ、課題は少なくありませんが、
ゆうき君のベストな環境作りは急務で少々困惑しています。



課題2
あられちゃんとpoloとゆうき君が同室。

poloは致命的な便秘症を抱えて家に入ってもらったので、
療法食が生命線です。
乳酸菌のサプリなどで改善が見られる場合もあるそうですが、
補助的、長期的に考えなければなりません。

同室のゆうき君のストレスを考えると、ご飯の時以外は別な部屋でみんなと一緒にいて欲しいんですが、 そうなると、みんなのご飯を置いておけません。
poloはまだ、仲間と慣れていませんので、防御のための行動に出ることがあります。
人間がなるべくそばについているようにしますので、他の猫の世話が難しい場面が多くなりました。


課題(改善の余地)はつきませんが今日はこの辺で。

完全室内で、
命あるものとして、天寿を全うするまで、愛情と誠意を持って、
家族として暮らしていただける方を希望します。

cafemonju@gmail.com(コピーペーストでお願いします。日本語だけしか判りません)

*可能であれば、
リラックスできる、
鍵のかかる十分な独立したスペース(部屋)をお願いします。
人生設計、家族との役割分担、旅行期間の制約など、 大袈裟では無く、人生を少しだけ変える覚悟が必要です。
しかし、
私どもの経験、
本格的な保護活動をしている人たちの話などを参考にさせていただいて、
その変えた人生を
このようにお伝えしたい。
「何にも変えがたい、命のぬくもりの、そばに居られる人生」だと。

どうぞ、 人生を変える前提で深慮していただき、
思いをおしらせくださいますよう、切にお願いいたします。

海から来る風は秋かと思うような冷たさですが。
小さな船の数は少し増えているような気がします。


2018年5月25日金曜日

行政とは協働を目指すがケジメだけはつけながら、進む。

今日はお日様が出てくれて、ウレシイ。
nini

そばにはちゃんとジュニアがいます。見守っているのかな?

bomも元気!

夏向きにしました。
カラスからの攻撃?も防げるかも???



fuちゃん、元気ないかな?
おかしな気温変動だから、ダラ〜としているだけかな???
奥がfu、手前右はmon。仲良しです。



こんないい街なのに、

動物保護に関することを改善するのが本当にキライらしい。
行政と喧嘩するほど、元気は無い、
協働がスジだが、
これからはケジメだけはつけながら、進む。
今までの進め方は俺らしく無い。
権力を後ろ盾にした暴力は最低だが、
言葉や態度による、侮辱や脅し、そして無視。
何よりも「事実を隠す」ダマシ。
俺の中の半分は
こういうことに我慢ができない。
権力も度胸もお金も無いが
何もできないわけでは無い。
以上は行政との話だが、
相手にとって不足は無い...。
もう一つ、
俺はバカだが、バカにされるのはキライだ、みんなと同じだと思う。

2018年5月24日木曜日

約一ヶ月過ぎました。

我が家の歴史でも、
poloのケースは初めてです。

便秘が原因で亡くなると聞かされて、
本当に驚きました。
ご飯を病院の指示通りに食べていれば、大丈夫なので、
毎日、注射するよりはずっとカンタンなんですが、
実際はそのために、
専用の独立した十分なスペースの部屋が必要です。
polo専用のご飯は健康な猫が食べても問題は無いようなので、仲間と 一緒でも良いようですが、
経済的にも無理ですし、
他の猫が慢性的な持病がある場合も難しいですね。
性格は、これまた、一緒に暮らしやすいというか、人間が好きなんですね、抱っこしたら、いつまでも離れません。
まだ、一ヶ月ですので、先住の仲間とはうまくいきませんが、あまり、心配していません。
無い知恵を絞って、切り抜ける以外にありません。


この顔の表情からは要求が判りません。
kちゃん。
ご飯かな?お水かな?
私が寝るまでにはどいてくれるかな???



国会で決まったこと、
どうして、国内全部で一緒に動かないんでしょうね。
国会で決まったことの表です。
一体、誰のために書いているんだか?

この画像だけでははっきり見えない、詳しく知りたいという方はこちらをクリック。
https://www.env.go.jp/council/14animal/y140-42/mat01.pdf

2018年5月23日水曜日

曇り空

寒くはないけど、
寒い感じだ。
こういう日も無いと気分のいい日も無いのかも。
お日様の無い
日向ぼっこ?

いつもの場所でそれぞれも同じ位置ですね。どんな順番なのかな??
下から、ジュニア、bom、nini。



jujuが振り向く瞬間。

ulan(左)とmimo(右上)
こちらもいつもの組み合わせ。



小樽市ではこんな活動もしています。
動物たちの保護にも活かせると思いますので、掲載します。
https://www.furusato-tax.jp/gcf/293
「蒸気機関車アイアンホース号復活プロジェクト~北の鉄道発祥の地小樽に再び蒸気機関車の汽笛を鳴らそう!」

2018年5月22日火曜日

暖かい日で良かったけど、課題も..。

先日来、札幌の個人保護活動の方にご心配いただいている。ボッサ。
今日、現れました。
人間のお母さんを覚えているようで、
仲間とタイミングが合わずに、
一度、庭から立ち去ろうとしましたが、
缶詰ゴハンを見て戻りました。
たくさんは食べませんでしたが、距離感だけは以前と同じようです。
保護まではタイミングを図り、会う回数が増えるように頑張ります。
とにかく、今度の冬は暖かい場所で過ごさせたい。
片目が見えないのは確実なようですが、体全体はほぼ以前と同じです。
写真はありません。



左後ろ足をひきづるこの猫。
ご近所さんが資金協力してくださることで、
去勢手術後、地域に戻そうと考えています。
毎度のことですが、
地域に戻すことに
ドクターストップがかかった場合の準備が必要です。
一時預かりさん、新しい飼い主さん。
ここをしっかり確保しないとできません。
今、判っていることはこれだけです。
カットしたような耳ですが、噛まれてちぎれたものと考えています。


一番幼いniniがしばらく見えないので、心配していましたが、大丈夫!
左から時計回りにジュニア、nini、bom。

本当に苦労をかけている。私の中では一番の課題。
療法食しか食べられれないので、
暮らし方が限られる。
一番の課題です。
polo、ムチャクチャ良いやつです。

ちっさいカメラの望遠、なんか、絵のようですが、写真です。




あなたは10秒間、この映像に耐えられますか?

2018年5月21日月曜日

人のつながりに感謝!

電話でしか知らない人が
懸命の努力を続けています。
こちらからは、わずかな支援しかできませんが、
この「縁」を将来に向けて、無駄にしません。
10年以上前、
7匹の猫を引き受けた亡き姉、
その縁が繋いだ、この度の支援活動。
こういう現実、
行政に届いていないのかな?
「社会の課題」で「全員が応分の負担をするべきこと」
だと、オレは考えている。
助けるべき命の量は善意の量よりはるかに多い。



冬のタイヤ、
こうなっていました。

今日、
ガードを作りました。中は意外に頑丈なんですよ。

左は除雪機、ガソリンを抜きました。

ビタミンCになる予定の植物の支援。(イチゴができる予定....。)

我が家の最古参で最長老(外猫ですので年齢は推定)m母さん。
鼻ちょうちんが気にかかります。
気温の差が激しいのが原因?

暖かいところで息子のi君(右)と。


登場回数が増えた、mimo。ファンが増えているかも。びっくり眼(マナコ)が分かりやすい写真。

室内暮らしが少しづつ慣れてきている、あられ。(目つきはまだ鋭いことがありますが..)ここが専用通路。

同室のヨワッチーゆうき君(左)とはこういう場面も増えました。


昨日の嘔吐物に少し血が混じっていた、kちゃん。
眠気も吹っ飛んでしばらく様子を見ていた。
今日はいつもと同じ動き、でも、心配度数はまた上がりました。
ここにいることが増えましたが、kには少し狭い。




庭の活用からいうと、邪魔だなあと思うこともありますが、ありがたいと感じることも少なくありません。

2018年5月20日日曜日

お日様のおかげで元気だよ!

日光浴のbom

bomとnini

そして、ジュニアも!(下)


レスキューハウスも日向ぼっこ。
冬までにケアーも必要だ。

今のところ、療法食だけで頑張っているpolo。窮屈な思いをさせている。外暮らしからあまり日にちが経っていないので仲間と上手く折り合いがつかない。誰のせいでもない、私の至らなさが原因だ。ない知恵だが、最後の一滴まで絞る。これしか無い。


厳しい冬の日、
足が冷たいので、片足を交互に上げながら、こちらを見ていました。その、meiちゃんが家に入ってしばらくして、札幌から保護した3匹目のchibiちゃんを亡くしました。
キツイ思い出の方が心に残りやすいのか、今も、昨日のことのようです。
そのmeiちゃん、動いているところを7秒間!



愛知県、岡崎市で孤独死した知人が4匹の猫を残していました。
同僚(1名)、猫関係のお知り合い(1名)、地元の「地域猫の会」などが動いてくださっています。
保護団体さんは限界まで保護していて、一時預かりさんを見つける段階で止まっています。
借家ですが、大家さんのご理解を得て、今月中の強制退去は無いようです。
岡崎市の保健所は「殺処分覚悟なら引き取ります」と言明されました。
この国はイカレテル。
まっ、ぼやいても始まりません。
現地との距離から言って、可能性は限りなく低いとは思いますが、
「新しい飼い主」さんにつながる情報がありましたら、メールでおしらせください。
cafemonju@gmail.comです。
どうぞよろしくお願い致します。