2016年10月15日土曜日

ありがとう…

大きな樹に気づかなかった。
この樹の向こうにも海が見えるかな。
見えないかな…。
たぶん…見えない…。

このレスキューハウスでご飯を食べているのはmomoらしい。
今晩は冷え込む、その、momoは玄関で寝ている。

jr(ジュニア)が庭のレスキューハウスでご飯を食べたが、その後は、見かけない。

今日はお陽様が顔を出してくれている。
いつもの港。ここからじゃさみしい…

ここからなら少しはまし…



何度空を見上げたら

青い空が見えるのか?

いくつの耳をつけたら
為政者は
民衆の叫びが聞こえるのか?

何人死んだら判るのか

あまりに多く死にすぎたと?

その答えは、
友達よ、
風に舞っている

その答えは風に舞っている

「風に吹かれて」 ボブ・ディラン

私は言語学者でもない、
他の高等な学問も修めていない。

どんな言語も

他の言語で表現が無理な場合があると思うのは

誤解かもしれないが、

この歌詞を翻訳し、
私達に伝えようとした、

片桐ユズルの勇気を称えて、

彼のあとがきの一部も添えたい。

「全部が不可能な訳ではない。翻訳で伝わる部分もある」
この詩集が私に与えた影響は小さくない…。


modo(モド)は私の傍に居てくれる…今は…。たぶん…いつも…これからも…modoは…


今日もアクセス、ありがとうございます。

2016年10月13日木曜日

チョットだけ…

おシッポさん…チョットだけ。

modo(モド)

ちょっとの間、枕になってね…

pilika(ぴりか)引きこもりからチョットだけ…

i君はm母さんとちょっとの間、甘えっ子…

5ニャンが一緒に写るのはほんの一瞬、チョットだけ…

いつも、沢山のアクセス、ありがとうございます。

少しだけ…恩返し…

オニギリkilala(キララ)劇場?
居間に居る猫以外のみんなとは接する時間は少ない。
ゴメンナサイ。
そんな短い時間でも、このkilala(キララ)には笑わせられます。
今日もナイス(?)な場所に陣取ったkilala(キララ)。

クリスティもそこに登りたい!
でも、
顔の力で寄せ付けません。

まっ、クリスティが束になってかかっても、
この顔には負けますね〜〜。

特に寒い訳ではないのですが、
このコンビ、
くっ付いています。
fu(ふうー)ちゃん(左)がモフモフしていて、優しいからみんなに人気があります。きっと、大きいのも何となく安心できるのかなあ。fu(ふうー)ちゃんは最近人間と接する時間が少ないので、少々、不調かも?チッチャイmon、寒くなるから沢山食べて、fu(ふうー)から離れるなよ〜〜。

pilika(ぴりか)は今日も引きこもり中。新しいサークルを入れました。私は毛玉をカットできるくらいの関係ですが、今は「フーッ、シャーッ」でも、大丈夫!理由は無いけど、大丈夫!

いつものように私の目の前で寝るmodo(モド)
猫も夢を見るのかな?
思い立ったように私の顔を見て、チョコット引っ掻きます。赤ちゃんの動作で、ツメは私には届きません。そして、また、ウトウトします。

ご近所さんの庭を借りて設置したレスキューハウス、一年越しになりますが、最近、猫が使っているようです。ありがたい、ありがたい。

冬の寒さ対策とタヌキさんが入れないように板で入り口を少し狭くします。
猫以外を閉め出す事には、賛否があります。
心情としては「どちらにも使ってもらいたい」けど、
その命に人間が関わっている度合で生きる厳しさの違いを感じます。
どんな猫の命も人間が作っている。

「死ぬ為に生まれてくるような命」を増やさない、という理由で、
不妊去勢手術を強いて、さらに
厳しい北国の外暮らしをさせている私の行為、
少しでも…償いに…なるものか…。
この小さな、危うい、小屋が。

少し、離れてみるとこんな風です。
積雪を考えて、高床にしています。
さて、効果の程は?



物置小屋の向こうには海が見えます。
う・み・が・み・え・ま・す…。
この風景は厳しいなあ…。
樹々が揺れます。


今日のアイボウ。

今日もアクセス、ありがとうございます。

2016年10月11日火曜日

それぞれに…お行儀よく…花は凛として…

応援物資をいただきました。
ご本人がお元気そうで、うれしい限りです。
お迎えしたそれぞれは、いつに無く、お行儀よく、これもまた、うれしい事でした。





凛として…(私は見習うべきだなあ…)

クリスティの見上げる先には?

オニギリじゃ無くて、kilalaです。

新しい棚、誰のお気に入りになるのかな??

pilikaが不調で私のベッドの下で引きこもり中。

しずくは
大好きなpilikaが二階の同じ部屋に居ないので、
機嫌悪し!

modo(モド)の毛???
人間のお母さんはカミナリのせいだと言っていましたが…謎です。
modo(モド)は二階にいた時、カミナリも強い雨音も、大の苦手で、
軽いパニックを起こしていましたので、
まんざら無い話でもありませんが。私の説はj君に甘えすぎて怒られたのでは?です。




ふっと、そんな気になる事もあるんですが、ほとんど、お参りをしないから、
「神頼み」も気が引ける…。
神社を守るように立つ樹、立派でしょ。狛犬さん、愛嬌のある顔しています。お近くにお出での節はぜひ、お参りを!


エリオス札幌で譲渡会、にゃん友北海道さんの主催です。


今日もアクセス、ありがとうございます。

2016年10月10日月曜日

居間の住人(猫)が増えて、山は雪…

この段ボールペントハウス(?)はi君が住んでいましたが、
今はpilikaが居ます。
自分で傷を作ってしまう症状が多くなり、
こちらの緊張を察知したようです。
向精神薬を再開。
今は落ち着いています。

何となく、居間のその他一同も落ち着かない?か、どうかは判りませんが、modoと目が合ってしまいました。

でも、仲間に囲まれて、寝てしまいました。

kちゃんは意外に神経質。この姿勢はやや、緊張状態です。手前はmちゃん、あまり動じません。(私としては見習うべきところです)

こちらはいつものジョギング(?)を終えて、いつものように反省をしているような形です。The J

湾の向こうにこんな建物、あったかなあ???

遠くの山、白いもの、あれは…雪…



「身のかたわらに
小さなゆたんぽ
そんなかんじで
あたたかく過ごす
冬の 日もある」

岩崎航・著
「点滴ポール 生き抜くという旗印」より、引用させていただきました。

今日もアクセスいただき、ありがとうございます。

ありがとう2

ありがとうをあらためて。

小樽市市会議員事務局 様
小樽市美術館 様
小樽市図書館 様
バッグパッカーズホテル 杜の樹 様
西條産業株式会社 様 
シロクマ食堂  様
BARクロクマ(姉妹店) 様
アイラ動物病院 様
横谷様 様


ありがとう、そして、お疲れさまでした。

ご近所さん、ありがとうございました。


スタッフの皆さん、ホーマックさん、ありがとうございます。お疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

寒がりさんはjuju、私は低温火傷が心配…そんな事にはならないらしい…

このステキな?棚、寒さ対策でもあります。ここは二階でこの下は部屋等が無く、暖気が上がりません。床よりも天井に近い方が暖かい。

この工事?を興味深く見ているのは…
uran(ウラン)

この工事をどうでもいい感じで見ているのは…kilala。最初に登ったのは実はこのkilala???



秋らしく定まらない空模様。
束の間の陽光、小樽港、二景。

今日も見ていただいてありがとうございます。