2016年7月15日金曜日

飼い主さん、見つかりました。ありがとうございます。

飼い主さん、見つかりました。
Fbで応援、拡散していただいた皆さん、
Twitterで応援、拡散していただいた皆さん
小樽の
梅ヶ枝町郵便局さん、
ツルハドラッグさん、
シロクマ食堂さん、
マックスバリューさん、
手宮交番の皆さん、
アトリエクレールさん、
ありがとうございます。
新聞配達の方が我が家の看板を見て、気づいてくれました。
猫の名前は「あい」、飼い主さんの家は保護主さんから500mも離れていませんでした。外に出すのが習慣になっていたようです。「適正飼育」について、お話しさせていただきましたが、少なくとも我が家の近所、小樽市梅ヶ枝町は「終世、責任を持つ」という「感覚」は極めて希薄。「何か有ったら、病院などの対処はするけど、外で死んでも、しょうがない。」…。残念ですが時間をかけてご理解いただく以外、ありません。猫に限らず、動物達とどのように共生していくのか?と言うことは現実の直近の課題だと思います。私自身が「誰にでも判りやすい結論」を持っている訳では有りません。そして、先日、三ヶ月かけて、飼い主に逢うことが出来た猫(さぶ)のことも頭から離れません。今、言えることは、「命が有れば」新しい時代に巡り会える可能性が増えるということです。猫や犬を「公務として殺す」ことが無く、命の売買も無い。そういう世の中に逢う機会が、命が有ればきっとあるはずです。長文、ご容赦。
写真は新聞配達の方が見て、気づいてくれた、看板。
飼い主さんが迎えにきて、キャリーに入ったところ。

皆様のご協力、決して無駄にしません。重々、御礼申し上げます。

皆さんのところ、大丈夫ですか?

ご近所の方が迷子猫を保護しています。
保護日時、7月14日夕方。
保護した場所、小樽市梅ヶ枝町
写真を掲載しますので参考にしてください。
首輪をしていますので飼い猫だと思います。
雌雄、年齢、不明です。
連絡はこのブログの右側に有るアドレス宛にメールでお願いします。
首輪は濃い青色に肉球の絵柄。



夏、初夏?らしい日でした。
uran(ウラン)とmimo(ミーモ)は?
ここで避暑をしていました。

uran(ウラン)のアップ。

そして、mimo(ミーモ)のアップ。

小樽湾の遊覧船が着く、祝津港。
赤い灯台の下で女子が釣り。
カモメは風に向かって何かを考え、
神輿を囃す笛太鼓は波に溶ける。



皆さんと一緒に暮らしている猫や犬達は迷子になっていませんか?サブちゃんのことが有って以来、施錠に神経質になっています。人間の住み良い世界は猫や犬にとって、生きていくのが難しい。

「死にます」
傷を負い、
空腹になり、
のどが乾き、
「死にます」
万が一長寿であったなら、
その時間は「死との戦い」に費やされます。
生きて何かを感じるのではなく、
死なないためにだけ、生きるのです。
全ての力、そして、時間を使うのです。

………………考え過ぎでしょうか?


最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

2016年7月14日木曜日

シリーズ、「意外」

意外にグレーの部分が多い。
お腹を見せることが少ないから判らないんだね〜〜。
modo

意外(失礼…)にお上品な手つき。 kちゃん。

意外に身長(全体の長さ)は同じくらい。 jとクリスティ。

意外にmimo(ミーモ)の方が「借りてきた猫」どこに居るか判ります?

ここです、意外に地味な顔…かも???

意外シリーズ、如何でしたか?
最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。


今日、小樽の保健所さんと電話で話しました。
情報の抜け落ちていた部分が少々埋まりました。
結論から、言えば
「変化無し」というところ。
「人が希望を見失うことが有っても、その希望が人を見失うことは無い」
そう思います。
現実を整理して、プロジェクトの部品である課題を
いろいろと並べ変えてみる。
意外に面白いことに気づきます。


意外シリーズでした!

2016年7月12日火曜日

引っ越し(部屋の移動)後の変化、その他…

いつも、押し入れの上部に作った暗い通路にいましたので、
modo(モド)は部屋を移動する前、こういう写真は撮らせませんでした。

次の写真は modo(モド)の特徴が良く出ています。目が独特でショ!

アガサが居間でトレーニング
ヒナタボッコです。
で、
j君に逢う…

j君、以外に気が弱い…ので、移動。

次はmちゃんに逢う…。

mちゃんはしばらく向き合っていました。外暮らしで、息子のiを守り、人間を寄せ付けなかった迫力は静かに健在です。自分の何倍も有る犬さえ、威嚇していたことは今でもときどき、話に出ます。

ゆうき君、作業台の下で、何かを主張しています。少々肥満気味ですので、おやつよりは総合食の低カロリーを食べてほしいなあ。この構えはご飯頂戴です。

ジュニアがご飯食べにきてくれました。彼はこの玄関で辛抱してくれた、momoやゆうきの仲間。いつでも、ここに来てほしい。TNR(地域猫活動は地域によっては難しい面が有ります)

ラベンダーのエキス、臭い物質の猫に対する影響が明らかになってきました。20年くらい前からの話だそうで、以外に知られていなかったようです。研究報告に寄れば、人間を含む動物にとって、「自然に在るものは安全」という錯覚を指摘するものもあります。確かに、そうかも知れません。ラベンダーに罪は有りませんが、対応を検討中です。

今日もアクセス、ありがとうございます。

2016年7月11日月曜日

引っ越し、その他…

ウランとmimo(ミーモ)一階の和室(一応、そういう造りになってます)から、
二階のmodo(モド)の部屋へ引っ越ししました。
ウランは定期検診が待っていますし、
mimo(ミーモ)はダニの痕がはっきり見えないので、
見切り発車的では有りますが、
三階建てとは言え、ケージの中だけの生活はもう無理。
(本来、部屋数が有れば、ケージは一時避難として使いたい道具。) ドクターに相談した結果、
先ずは外の見える広い部屋でもう少し人間に近づいてもらって、
検診に行くようにガンバル(主に人間のお母さんですが…)ことになりました。
結果、mimo(ミーモ)はクリスティのように、無邪気でウランに近づくのですが、
ウランに叱られます。
なので、
人間のお母さんは、
モンゴル民族のように寝床を背負って、移動…。
しばらくは様子を見るためにウランとmimo(ミーモ)と同居?です。
写真は直後の様子。
不安そうなmimo(ミーモ)

一緒にいても環境が変わったから、やっぱり不安。

探検を始めるウラン

さて、どうなるのかなあ??不安です。


つかの間のお陽様に、ゆうき君、ドッカリと休憩。

トマトは赤くなるのを休憩中。

でも、カボチャは元気に数を増やしています。この蜂さんがその立役者?。

この光景が暑苦しくない、冷夏?。立役者はkとj。

残暑は厳しいそうですから、それを耐えて、冬の準備を急がねば!

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

2016年7月10日日曜日

あらためて、感謝

今日、無事のお知らせも頂き、あらためて、喜びを込めて、玄関前のポスターを掲載します。あいにくの空模様ですが、この「迷子猫の物語」を多くの人に知っていただきたい。

kちゃん、家中の見回り?

クリスティは「伏せの体勢」で敬意?を表します。

monはその場で直立?不動。

家中をお騒がせするクリスティ。疲れると、結局はj君の傍へ。

j君がいないときは人間のお母さんを探して、肩に乗っかって「どっかに連れて行け!」とがんばります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。また明日、このブログでお会いしましょう。


我が家に届けられる支援物資には状況を深く察し、律儀に定期的に送られてくるものが少なく有りません。本当に頭が下がります。もし、私がその方と同じ立場だとしても、そこまで出来るだろうか?迷子猫が無事に戻ったこともあり、あらためて、深く、支援者の方に御礼申し上げます。世の中はそう簡単に変わるものでは無いでしょうが、「絶対に変わらぬものでもない」。
人々の善意がそのことを教えてくれます。