2016年5月21日土曜日

地域猫?(字が多いのですが、我慢して読んでください)jr(ジュニア)に里親さんの道を見つけたい…

地域猫?
外暮らしの猫達を保護、不妊去勢手術をして、
元のフィールドに戻し、
(ここからが肝心)
「地域全体が協力をしながら天寿を全うさせる」
この活動を徹底的に行うと、
数年で外猫は絶滅します。
ところがそうなっていません。
無関心の壁は厚く、固く、高く、簡単に乗り越える事が出来ません。
................
外猫を保護して、家猫にするには相当の覚悟が必要です。
自然になついて家に入ってくれる猫も居ますが、
外に出さないのは「至難の業」です。
................
「外猫を保護」「体調の把握」「一時預かりさんに人慣れするまで面倒を見てもらう」または「何らかの施設で人慣れをしてもらう」そして「里親さんさがし」「里親さんとの交流でフォロー」…
こういう流れで多くの人々が懸命の努力をしています。

明日、5月22日「北海Doぶつnet」主催で
今年も「わんにゃんフェスタ@石狩」を石狩市役所前広場にて開催します。
保護犬猫の譲渡会をはじめ、しつけ教室・わんちゃんケアセットコーナーなど、楽しんで頂けるイベントです。また、熊本地震の募金を行い、現地にて被災動物の救済にあたる団体へ寄付を行います。
ぜひ!遊びにいって何かを感じてください。
..................
下の写真はmomo

こちらはゆうき君

地域猫として厳しい外暮らしを懸命に生きてくれています。
幸い、この猫達は我が家の玄関、庭を中心に生活していますので、なんとか、目が届きますが、
「あられ」「バロン」「ジュニア」「ウラン」などは行動を把握できません。「地域が一つになっていれば」情報が集まるのですが、何度説明しても「無関心の壁」にはねつけられ、僅かな進歩も有りません。そればかりか、「ご飯を与えて」あとは「知らぬふり」です。これ以上は。単なる。愚痴になりますので説明はやめます。
今心配なのは「あられ」「ジュニア」、
とくに「ジュニア」は秋まで無事で居られるか判りません。去勢手術をしいたのは私たち夫婦です。守り通す義務が有ります。
がんばります。
外でがんばる猫達も、決して「野生」ではありません。「人間との共生」する以外、天寿を全う出来ません。
これを読んでくださる皆さん、どうか、このブログを見ない、見れない人たちに、機会を見て話してください。「何かをしなければならない」という事では無く、「何かを感じてもらい」「何をすべきか」を考えていただきたいのです。
...........
さて、今日の我が家の猫達
まずはこちら、
fuとjが一触即発!

私が傍に居ますので、大丈夫です。
こういう場合、私の声のトーンが変わりますので、一瞬で雰囲気が変わります。「おこられる!逃げろ」の状態になります。(実際にはおこらないんですが、こちらの心拍数が伝わるんですね…勝手な思い過ごしです)
そのfuちゃん、部屋を移動して、最近お気に入りのベッド?で熟睡。
次の写真はhanaちゃん。
同名の支援者の方がいらっしゃいます。こんな感じの方です(ウソデスヨ〜〜ニンゲンノhanaさん、でも、似ているかも)
今日も支援を頂きました。すぐに使っています。(猫も人間も)

kちゃん、mちゃん、j君は高低差が体力的にきつくなっていました。
ばっちりです。
頂いた全ての椅子、台は大いに助かりました。
ほんとうにありがとうございます。
今日の「シャシンデオタル」は近所の可憐な花と、その花にお世話になっている「蜂」二枚、続けてどうぞ(どっかで聞いた台詞だなあ…)

いつもご愛読、ありがとうございます、明日も一生懸命書きますので、ご覧ください、昼間の大工仕事や音楽の事等も書く予定です、それじゃあ、明日!熱中症に注意!!!

2016年5月20日金曜日

とにかく家中が振り回されます…

私の見たところまだまだ体は出来ていません、
アガサも同様ですが、
我が家にたどり着くまでのダメージが相当大きかったようです。
家中、どこへでも行きたいクリスティ、
仲間にはじかれて都合が悪くなると、
人間のお母さんの方に巻き付きます…(かなり爪が食い込んで痛いそうです…)。
意識を取り戻しつつ有るときにず〜っと傍に居たので完全に仲間(親)と思っているかのようです。(多分、思い過ごし)

次の遊びを見つけると!

誰も遊んでくれない、お母さんも居ない…
今日はピリカにくっつきました。

ピリカは仲間にはじかれる事が有っても自分がはじく事は有りません。
「なんかがくっついているなあ」って感じ。

私が傍に居るので、エル君も来ました。

しかし、さすがのタフボディエル君もクリスティの無邪気さにはかないません。
退散です。

やれやれ…………。
今日のおしまいはkちゃんのおまんじゅう顔。
大ファンの方の無事が確かめられましたので、特別サービス?
愛読者の皆さん、どうぞ、ゆったりしてくださいい。

「シャシンデオタル」はお月さん。 それではまた明日。

2016年5月19日木曜日

jr(ジュニア)

jr(ジュニア)
虚勢手術をして外でがんばってもらっています。
手術後、しばらく玄関に居ましたが、
今は庭を中心に暮らしています。
さくらカットをした耳の先がひからびたようで気になっていました。
重大な病気を抱えてないか?
手術がダメージを与えたか?
歩き方に元気が無いのはどこかを痛めたか?
……
この写真、
ガラス越しでおまけにピントが少々ずれていますが、
実物はだいぶ耳の様子が良くなっていました。

食べ物、
水、
じわりと効果が現れています。

応援していただいた皆さん、ありがとうございます。
これからももちろん、全力で見守ります。
外で暮らすことがどれだけ厳しいか?
冬が来る前に十分な体力をつけてもらい、
出来れば、庭のどこかに落ち着く場所を作りたい。
jr(ジュニア)、がんばるからね! 写真は手術後数日のもの、再度掲載します。 もう一つ、気になっていた目やにも少し良くなっています。
「シャシンデオタル」は「インディアン岬(私が勝手に命名)」

今日の岬は泣いているように見えた…。 「」

2016年5月18日水曜日

momoの歩き方が少し変?

momoが少し歩きづらそうにしていたので、
どっきり!
おまけに、私にだっこされて遊んでいたのに、
「シャーッ」
バルの事が頭をよぎりましたが…
しばらく様子を見ました。
外で遊び疲れて、ねんざでもしたのかな?
(猫がねんざ????)
大丈夫だと思います。
ゴロン

反対側にゴロン

「あーあっ、疲れたなあ」


病院へ行く体制を整えていましたが、
今日は十分に触らせてくれました。
油断は出来ませんが、もう少し様子を見守る余裕が有りそうです。
家猫を外に出して怪我をさせても
治療してもらえますが、
外でがんばっている猫達は
「致命傷」になります。
早く、自由に外で遊べる社会を作るために多くの人ががんばっています。遠い道ですが、地道に続けて判ってもらう以外に無いようです。その間にも悲惨な「死」は続くのですが…。

今日の「シャシンデオタル」は今年初の「蜂さん」。
もう少し気温が上がると、まんまるに太った蜂が来ます。まずは小さいお客様。

2016年5月17日火曜日

定位置

これがkちゃんの定位置(右)

kちゃんがご飯を食べている間に…

こうなることがあります。

kちゃんはなんとか元の位置を確保しますが、性格が激しくないので相当時間をかけます。その結果、j君は別な場所に移動。


今日の保護活動紹介は沖縄
沖縄 動物愛護団体 NPO法人動物たちを守る会ケルビム」冬の厳しさが無いだけ、ちょっとは猫が楽かと思いますが、そんな事は無いようです。皆さんはどのような感想を持たれるでしょうか。

今日の「シャシンデオタル」は緑が力強くなった向かいの丘と少し風が出てきた小樽港。

いつもご愛読ありがとうございます。
それではまた明日!

2016年5月16日月曜日

「iちゃんの出世」と私65才になりました。

iちゃん(右)はこんなに大きくなっても私たち夫婦以外、寄せ付けません。
このとおり、m母さんは例外、親離れが出来ていないんです。

ところが!
なんと!このちびっ子ギャングは受け入れてくれそうです。
その様子を三枚、
先ずは眠そうなクリスティを見つめるiちゃん。

その眠そうなクリスティ
出窓で接近を許すiちゃん。

話は変わります。
私、恥ずかしながら、65才まで、生きてしまいました。
5月13日で…
緩んだお腹を少し見やすくしようと日々、肉体改造?のため、自転車を走らせています。
そのときのスナップを今日の「シャシンデオタル」として掲載します。

玄関暮らしのmomoとゆうき、元気です。お陽様に感謝しています。そして、応援してくださる皆さんに感謝しています。


「死ぬために生まれてくるような命」を無くすための保護、不妊去勢手術、は延々と続きます。「かわいそうだからご飯を与える」その後は無関心に戻る。そういう人たちにこのブログが届く事を願っています。
日々、
懸命の努力を続けている多くの人たちの心を添えて…。