2016年4月15日金曜日

bal(バル)旅立ちの朝

bal(バル)、旅立ちの朝です。
屋内は他の猫がいますので、温度を確保しています。
比較的温度の低いここで、旅立ちの支度をしました。


丁寧に、優しく、送ってもらいました。

nanammi、nasu、と一緒のところへ写真をおいていただきました。

bal(バル)のこと…
いろいろな思いが心の中を巡りますが、
言葉にしようと思うと、フッと消えてしまいます。
大切にしなければならない事を沢山教えてくれたのですが。…
… こういう事が「日常」な訳が無い。
誰もが安らかな気持ちにならないこの国の法律「殺処分」。
「無関心」に対して「無関心」なメディア。

犬や猫の問題(課題)は複雑な事では無い。
解決方策は永遠に続く事ではない
数年、長くて五年、
施設を作り、不妊去勢手術を適宜、施し、
じっくりと一緒に暮らす人と犬猫をつなぐ時間を作る。
そうなれば、
ブリーダーさんも、ペットショップさんも、別な意味で社会的に価値有る存在となる。
言葉を選ばないで言えば、
大豊作の米が有るのに「闇の米」を売る仕掛けは自然消滅する。
「施設」「人」「物」「システム」これらは全部そろっている。
ただ、
誰かが
それを隠している。
隠すための最善な方法、
それが「無関心」
罪深きは
「無関心」に気づいている、
「社会的チカラ」のある人間だ。
今、言えるのは、
お陽様は見ているだけでは無い、
行動も起こすということ、
そして、
経済システムが物質的公平を実現しないように、
本来なら、一般人が主役の現在の公的システムも
動物のあらゆる現状を
劇的にかえる事は無い。
このことを
あらためて、
胸に刻む。

下の写真はbal(バル)の旅に同行してくれた庭の花。
ありがとう。

2016年4月14日木曜日

bal(バル) 御礼

bal(バル)の旅立ちに
励ましのお言葉(物資)を頂きました。

 どちら様へも
この場を借りて厚く御礼申し上げます。








2016年4月13日水曜日

bal(バル)


bal(バル)は今朝、9時頃、旅立ちました。
眠ったままの安らかな旅立ちに見えました。

bal(バル)、一緒に暮らしてくれて、ありがとう。
応援してくれたみなさん、ありがとう。


外暮らしの猫たちの旅立ち…

持って生まれた病気が短命の原因だとしても、
それが、
悲惨な生活を送る正当な理由にはならない。
命は
愛し、愛される権利があるはず、
ましてや、
人間の無責任が生んだ命、
このブログを読まない、
多くの人に
もう一度、考えてほしい。
いったい、どうすれば、もう少し、優しい社会になるのだろう。

2016年4月12日火曜日

bal(バル)小さい引っ越し…

bal(バル)小さい引っ越し…

三段ケージの上り下り、おっくうなのか、決心するまでにしばらく時間がかかります。

で…
一段の大きいケージに引っ越しました。
古い家、角部屋、和室作り、
床に近いと「冷え」が上がってきます。
テーブルを下にして、高さを確保。
換気も良く、寒くなく。
灯油のストーブの他に近い場所にオイルヒーターを設置。

引っ越しに疲れたのか?
ゴロリ…
(この写真、公開は迷いましたが、見ていただく事にしました。動物の保護活動をされている方はもっとひどい惨状を経験されていると思います。機会があれば、ぜひとも、動物の保護にあまり関心の無い方に伝えてください、よろしくお願いします。)

引っ越しで少しおこっています?(目に力あり!)


鶏のささみを買ってきて、ボイル。
少しですが食べました。
モンプチテリーヌ、チャオ、少し、食べました。



bal(バル)は今日、病院に行ってきました。
検査結果は良くありませんでした。
可能な処置をしてもらい、急いで帰宅しました。


bal(バル)は
1〜2時間置きにオシッコした事を教えてくれます。
体をあまり移動しなくても良いように、
ペットシーツを重ねて、すぐにとるようにしています。
ペットシーツ、大いに活躍しています。
支援、ありがとうございます。

……
今、考えれば…
保護器の戸が落ちなかったのは、
体重があまりにも軽すぎたから、
体重が軽くても、動きに勢いがあれば、
仕掛けは作動したはず、
身を削り、動けなくなる寸前だった。
bal(バル)。