2016年2月27日土曜日

ヨッコラセッと来てくれました。

直接では有りませんが、
飼育放棄された猫を団体さんを通じて
里親さんになってくれた札幌のkさん。

25日に来ると連絡が有って、楽しみにしていました。
外猫のご飯をたくさん持って来てくれました。
人間のお父さん、お母さんにもおいしい物を頂きました。
家の中の事情(玄関内に捕獲機設置等その他)を気遣ってもらい、感謝しています。

今でも不思議です。
「猫」が取り持つ縁とは言え、
最初は簡単に連絡が取れるような状況では有りませんでした。
探して、探して、
やっと、たどり着いてくれました。
重い荷物を持って…。

苦労をかけています、
私はわがままなので、たぶん、
これからも苦労かけます。(スミマセン)

下の写真は外暮らしをがんばっている猫達が
生き延びてくれるように創った物ですが、
どの程度効果があるかは、判りません。


遠くに見える通称、「松ハウス」アップは↓
この国は「殺処分」が合法な公務です。私たち人間の無責任が生んだ命を「血税」を使って殺す国です。施設を創り、無責任な繁殖をコントロールする事で、「殺処分」は不要な物になります。何十年もかかる大きなプロジェクトでは有りません。私たちの意思次第です。
オリンピック、新幹線、超高層ビル、ジェット機…
その他にも誇れるものはあるはず。

2016年2月24日水曜日

部屋割りで苦労していますが…

部屋割りで苦労しています…
メンバーも家の中を自由に行動できる猫と
そうで無い猫がいます。
こちらのmodo(上)はここから出ません。
人間のお母さんしか信用していないので、
たまに来るfu(下)にも距離が有ります。



こちらは、だいすきなfuが隣の部屋へ行ったので、心細いmon。

全員と距離のあるkilala、二つの部屋を自由に移動して、相変わらずのマイペース。ちょっと疲れました。


今日、ご紹介するのは東京都目黒区青葉台1-27-1のはsmile catさん。アドレスはhttp://smilecat.jpぜひ!一度ご覧下さい。

理想も方法論も少々違うところは有るようですが、今の私たちには全て勉強になります。点から線へ、そして、面。
さらに波!へ
色々な団体さん、個人でがんばっている皆さん、
つながる事を切に願います。

2016年2月22日月曜日

冬は未だ長い…

保護、TNR予定。
なんとか、冬を乗り切ってほしい。
庭でご飯を食べるように準備しています。
なるべくなら、トラップは使いたくない。
トラップは、保護、天寿全う、という方向で創られてはいません。
トラップ内の事故(ショックも含めて)で診療前に死亡するケースも、
ドクターから聞いています。
庭でご飯を食べてくれると、キャリーで保護できます。
名前は「ウラン」ちゃん(男子です)。
彼がいま、なじみ始めた庭の環境は

こんな風です。


昨日の天売猫の集まりであらためて確認しました。凍傷で死ぬこと。

「天売猫のシンポジウム&譲渡会」




「天売猫のシンポジウム&譲渡会」参加させて頂きました。

 時間の関係かな?「討論」は有りませんでした。
専門の立場からの現状報告と問題の提起。
勉強になったのは、
環境省(これは日本ということ)、地方自治体、
 地方自治体の一地域の自然環境の特殊事情、 この辺りの連結。

 感想としては
それぞれの立場から理想の形を具体的に教えてほしかった。

目的がある程度見えてくれば、方法論が活きてくる。
「こんな風になればイイね」という話しが出てくる「場」を 期待します。

 コメント
 猫の現状を「社会問題」ととらえた場合、
「問題の原因を突き詰める」と、 「社会全体の責任」が出てきます。
そこで
「社会全体が応分の負担をする」策が登場。
 ここで「公費(みんなのお金)の出動」となります。
ここまで来て、やっとの事、 本音の討論が実現する。
こういう流れにならない理由も少しですが、確認できました。

 今日の勉強を糧に、前に進むしか有りません。

 お土産のステキなマップ、
ウミガラスのシール、
ボールペンは宝物にします。