2016年1月9日土曜日

今日もいろいろ…と…ちょっと考えてほしいこと…

外は寒い!
保護、去勢手術予定のジュニアです。
彼もここで冬を過ごしてくれれば良いんですが、
そう、簡単にはいきません。
数日前には「ももか」と接触(軽い脅かし合い)がありました。
追い出すのは忍びないので、しばらく様子を見ました。
うなり声を聞いたので、
外に廻って戸を開けました。
ジュニアは大きな小屋の方へ行ってくれました。
悲しいです、辛いです。
これが今の現実で、限界です。
ごめんなさい、ありがとう、ジュニア。
庭の中に居てね。

必死に生きようとする顔です。


家猫を外に出す人は少なくありません。
適正飼育等という言葉はその人達の気持ちの中で理解されていません。
もしも、家猫とこのジュニアのような外猫がケンカになれば
栄養豊かで暖かい場所のある家猫が有利です。
万が一、傷をしても、家猫は病院へ行くかもしれませんがジュニアはそのまま、ご飯を食べられなくなり、傷が原因では無くとも、ご飯を食べられず、水を飲めずに死ぬのです。
どうか、お願いです。家猫は外に出さないでください。
もしも、ストレスが心配というなら、ペットショップの猫や犬、その他の動物はどうでしょうか?
猫の習性を正確に勉強して、外へ出さなくとも健康に暮らせる愛情と世話をする技術をしっかり身に付けてください。
私たちが目にする猫はもはや、「野生動物」ではありません。人間が作り出し、人間が一緒に暮らさなければ死んでしまう動物です。
悲しい事ですが「人間が作った命を人間が毎日殺しています」
ほんの少しの時間、
立ち止まって、「人間が毎日猫を殺している」事実を受け止めてください。
そして、その後、どのような行動をするか?もう一度考えてほしいと思います。
何ができるのか?そして、何ができないのか?
長くなりましたね、ゴメンナサイ。
…いつか、きっと、猫が自由に外に出られる日が来ます。その日まで、力を貸してください。

2016年1月7日木曜日

あれこれ…

先ずは二階の自分の部屋から脱出に成功した、
cocoちゃん。
実はほぼ日課のようになっているので珍しく無い?
この写真、
MI ミッションインポッシブルの雰囲気(ナイナイ)
やはり、目に個性が…。
本人(本猫)はいたって真剣なんですが、
やはり面白い。

こちらは本当にデカイj君と、
毛並みで大きく見えるけど実はスリムなfu。
jはほとんどの猫の面倒を良く見てくれます。
もちろん!fuもjが大好き!
こんなに大きくなっても相手にしてくれて、
こうして布団からはみ出しながら?
一緒に寝てくれます。
ありがとう、j
(まっ、のんきに寝てるだけかも??)

ここがnasu君お気に入りの場所。
なぜか?お風呂場で水を飲むようになりまして、
すぐそばに引っ越したような感じです。
中はフカフカ、あまり乾燥しない場所。
オイルヒーターが静かに寄り添っています。

誰にでも赤ちゃんパワーを発揮して、
さすがのjも時々困っている、
クリスティー。
油断していた訳ではないのですが、「クシャミ!」
早速、抗生剤と隔離、
なんとか、二回薬を飲んだので、様子を見ながら皆のところへ戻しました。(写真は隔離する前)
隠れている訳では無く、眠っているようです。

今日はお陽様が見えました。
ありがたい。
いつもの散歩道のスナップ。こういう建物、しっかり残っているんです。風情を残しながら維持していくのは現実的には大変な事です。この風情にも感謝。なにか?昔の豪華客船の一部にも見えますが?どうでしょうか?

次は高齢者の歩行訓練には不向きな坂道。
見ている分には良いんですが、ここを歩くとなると、イノチガケ!

今日のラストは
頂き物の詰め研ぎでがんばる「しずく」、その二です。
ちょっと前には円盤形に乗って撮影させてくれました。こんどは、X型?です。

2016年1月6日水曜日

「kとnasuの爪研ぎ比べ」と「modoは気づかない」の二つ、
そして小樽〜♫

kちゃんの爪研ぎ、
最近は少々お上品になりましたが、
少し前までは、
爪研ぎを掘る感じで貫通させていました。

こちらはnasu君、 久しぶりに居間に出てきてバリバリです。
以前からそれほど迫力はありませんでしたが、
人間のお母さんにほめられて、
いつもより多く?引っ掻いています。


話題は変わって、
こちら、modo。
ちょっと上を見ている顔、
それでなくとも、赤ちゃん顔なのに、
よけいに幼く見えます。
次の瞬間、
鼻の付近にゴミが付いたのに気づきません。
実は人間のお母さんの動作を目で追っているんです。
とにかく人間のお母さん以外とはうまくつきあえないmodo、
最近はj、fu、k、mと一緒になる時間が多くなりましたが、なんとかがんばっています。


おまけ?は竜宮神社。
ここの境内から函館本線が見えます。
タイミングが合えば、
神社と電車を一緒に写せる貴重な?場所。
立派です。


小銭が無くて(もちろん大銭もありませんが…)無料?で参拝させていただきました。
猫の現実を真剣に考えてくれる人が増えるように!パンッパンッ!
そして、もちろん、
世界平和、家内安全、交通安全、その他、たくさん…(すいません、今度、お賽銭必ず持っていきます、ゴメンナサイ)

2016年1月5日火曜日

布団が足りない?!

猫はとにかく寝ます。
寝るのが大好き。
でも、寝る場所は一日の中でも変わる猫とそうでも無い猫がいます。
この場所は争奪戦になります。
と、言ってもケンカになりません。
kちゃん、少々緊張気味ですが、とにかく寝ています。


この場所はこうなっています。
人間のお母さんが寝る布団だったんですね。
そばに居るのは場所取りに失敗したfu-(風)ちゃん?。
kちゃん、後から来たんですがねえ…。
こういうとき顔がデカイのが有利なのかな?


さて、布団を敷くときは一度皆ここから移動しますが…?
kちゃんはしっかりと場所をキープ。
自分が移動したくなるまでは動きません。



去年より、雪は少ないのですが
小樽港は「冬」
外猫には辛い日が続きます。
この場所は運河の北のはずれの近く。
風の強い日等は危険ですが、こうして港の出船入り船を見ることができます。
一見、殺風景なようですが私的には四季それぞれの表情が興味深く、
よく訪れる場所です。

それにしても、外暮らしの猫達には厳しい季節。

2016年1月4日月曜日

親だと思い込んでしまいました。

捨てられたぬいぐるみのようになっていた、
クリスティー。
息を吹き返したときにすがりついたのがこの人でした。
それ以来、
部屋を移動するときはこういう格好になるときが多くあります。
自分が行きたくない部屋に連れて行かれる事を感じると、
こんな風にはなりません。
でも、結局は人間のお母さんのそばに来て、
「なんとかしてください」と言う顔をします。
わんちゃんは「おいで」というと、
駆けてきて、ダッコするのを見た事はありますが、
私は猫では初めて見ました。
人間お母さんは
十分に厚着をしていないと、
傷だらけになります。
(まっ、しょうがないけどなあ…)


下の写真は正月三日、小樽の運河の北の端。
この辺は今年、チョットした人気スポットになると思います。
廃線を利用した観光用の歩行空間がここまでのびました。
コンビニ、スーパー、薬局、食堂、釣り人が並ぶ港のはずれ…蒸気機関車を展示している総合博物館等々。地元の経営では無さそうですが、ソフトクリームのお店も好調なようです。
寿司と運河とガラス以外の素顔の小樽をゆっくり歩いてみてください。


小樽が猫を「増やさない」「殺さない」街になる事を願って、私なりの小樽を紹介していきますので、付録と思ってご覧下さい、よろしくお願いいたします。