2011年1月15日土曜日

やっと…ここまで…

他の方のブログでよくこんな場面を見ていました。
まさか、
mがここまで近づいてくれるとは思っていませんでした。
ありがたい…。



iはもう一つ上の専用通路兼居眠りエリアへ移動しましたがmはまだキーボードの上の私の手を見ているようです。(カメラに気づいて、カメラ目線になっていますが…)


(撮影は人間のお母さんです)

2011年1月14日金曜日

幸せ 四景

mがこうして伸びて眠っているところへ…


iがやってきましたので…


こうなりました。


i、活動開始!
こりゃあ大変だ!
実はそうでもない、物を落とすことは殆どありません(猫の特技?)
ただし、
今、狙っているのは人間のお母さんの編んでいる微妙に動く毛糸玉。
これは確実にヒットします。

それにしてもでかいテーブルでしょ。
カフェで使っていた物で、こちら(小樽)へ来てからは活躍していますよ〜!
靴の中敷、濡れた手袋、帽子、手袋、漢方薬、布地、昔のデジカメ、文庫本、携帯、作戦ノート、着替え等々が乗っかっています。
ご飯を食べるだけならこの三分の一で充分。


さて、
iが狙っていた毛糸で出来たのがこちら。
温かいですよ〜!
カタチは毛糸の量で決まったそうです。
(何か?中世の騎士の靴みたいだなあ…)


2011年1月10日月曜日

iはみんなに見守らて…とmのアップ?

iの動きは狭い我が家ではヒヤヒヤもの、だから、椅子猫さんも心配そう…


i(左)がm(右)に叱られている訳では有りません。


mもiも段ボールの箱は大好き!特にこんな風に穴の空いた奴は見逃さない。更にこの箱には外ニャンの「香り」が少しついているのもう〜ムチュウ!。


「中に居る私を見逃さないでね」m
と、云う訳で、部分のアップも…

2011年1月9日日曜日

タタカイ

我が家では「タタカイ」と読んでいます。mとiのワイルドなじゃれあいの始まりです。追っかけているiはmを追い越してしまいます、心はともかく、技と体は図抜けています。iは私に抱っこされてもらわないとこの先困るなあと思っていますが、持って生まれた気性と「保護する時のショック」「病院での恐怖のトラウマ」がそれを難しくしています。こちらが何か云っているんだなあというのは判っている様なんですが、要は、信頼、信頼できないんですね…。マッ、そこんとこを乗り越えて「ゼロよりイチ」でソロリと行きます。


mとiではありません?

玄関に置いてある「ご飯」を食べて悠々と立ち去る「ボブ」
(勝手に命名、地域猫です。)
この後ろ姿に深々と頭を垂れる以外に今は何も出来ません。
外は風があれば体感温度はマイナス10度を軽く下回るでしょう。
毎日が生きる為の戦いです。
それもこれも私達人間の無責任が創った悲惨な現実です。「スマン、スマン…」
ボブよ喧嘩はなるべくしてくれるなよ、チョットした傷が命取りになる。
危険を感じたらこの庭に逃げて来いよ!
「スマン、スマン…」「スマン、スマン…」「スマン、スマン…」